リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

広島へのリージョナル転職を見事実現された候補者の岡村 直都さん(仮名) にインタビューしました。

妻を我慢させてきた10年間。今度は私が頑張る番だと思いました。

岡村直都さん(仮名)は、愛知県から広島県への転職に成功したリージョナルヒーローだ。広島で生まれ育ち、愛知県の大手自動車部品メーカーに就職。設計エンジニアになった。キャリアを積むごとに、仕事のやりがいは増した。だが、その一方で増えていたのが、奥さんの負担。広島出身のため、周囲には友人も知り合いもいない。夫の自分は残業が多く、帰宅はいつも深夜。奥さんに子育てや家事の一切を背負わせていた。やがて「広島に戻りたい」という奥さんから本音を聞くことになる。それでもUターンに踏み切れなかった理由を、「転職が怖かったです。自分に自信がなかったんです」と岡村さんは振り返る。「でも、妻の苦労を聞いているうちに、自分だけ好きな仕事をしていいのか?という気持ちが芽生えてきたんです」。そんな岡村さんを広島で待っていたのは、小さくとも、やりがいのある世界的メーカーだった。

- プロフィールべバストジャパン株式会社 岡村 直都さん(仮名) 37歳/大学院卒
- 転職活動【転職回数】1回【転職期間】エントリーから内定まで45日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 開発設計職 職業 開発設計職
業界 自動車業界 業界 自動車業界
仕事内容 自動車用トランスミッションの設計開発 仕事内容 自動車用サンルーフの設計開発

1夫婦で1年話し合い、子どもが小学校に上がるタイミングで転職を決意。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

自動車部品の製造会社で、設計業務に携わっています。具体的にいうと、自動車のサンルーフの設計です。ドイツに本社があり、世界的なメーカーです。私自身も、転職するまで知りませんでした。

入社前のご経歴を教えてください。

職種は現職と同じでした。愛知にある大手メーカーのグループ会社で、自動車部品の設計をやっていました。社員は1万人以上いました。大学院を出た後、そこへ就職し、ずっと同じ仕事をしていました。開発プロジェクトのリーダーも経験し、転職する直前は係長クラスのポジションを任されていました。

転職のきっかけは?

妻も広島出身です。そのため、子どもが大きくなっていく中で、「子育てをするなら広島の方がいいね」という話をするようになっていました。愛知には知り合いも、頼れる方もいませんでした。私自身も残業が多く、帰宅するのはいつも深夜になっていました。その間、妻は子育てや家事を1人で行い、負担がかかっていました。しかし、広島で仕事が見つかるかどうか分からないうえに、転職した先で自分の力が通じるのか?という不安もありました。当時は転職することが怖かったです。そのため、なかなか転職を踏み切れませんでした。しかし、転職する1年前から妻と真剣に話し合いました。妻の話を聞きながら、私だけ好きな仕事をしていいのか?という気持ちが芽生えました。このままで、私自身も幸せになれるのだろうか?と疑問を持ちました。「10年間も妻に負担をかけてきたし、そろそろ私が頑張らないといけないのかも。」と自分の中でも変化が起きてきました。そのため、子供が小学校に入学するタイミングで、広島に帰る決断をしました。

転職活動はどのように進めましたか?

複数の転職サイトに登録しました。職種は、前職と同じ設計業務を希望しました。大手の紹介会社からはあっさり「ない」という返事でしたが、ライフサイズは様々な紹介をしてくださいました。しかし、待遇面や勤務地などが問題でなかなか入社を決めるまでには至りませんでした。その中でも一番の理由は、前職のように楽しそうな仕事と巡り会えなかった、ということだったと思います。そんなときに、現職を紹介していただきました。

今の会社に決めたポイントは?

紹介された際は聞いたことのない会社でしたが、調べていくとすごい会社だということが分かりました。本社はドイツ、100年近い歴史があり、サンルーフのシェアは世界1位でした。何より、自動車メーカーと対等に仕事ができるところが魅力でした。会社の規模もちょうどいいと感じました。前職の会社は大きくなりすぎて、仕事が細分化され、面白みがどんどん減っていました。現職なら、会社のトップとも直接話ができそうだと思いました。

2自分のキャリアに自信が持てた。英語も話せるようになった。

転職していかがでしたか?

総合的に見て、良かったです。まず広島に帰ったことで家族も明るくなりました。私自身もチーフクラスとして入社し、やりがいを持って働くことができています。サンルーフは外から見えるのでとても重要な部品です。現在、世界的に需要が伸びているので、注文も相次ぎ、すごく忙しい日々を送っています。前職で設計していた部品とは違うため、入社する前は少し不安でしたが、やってみると自分のキャリアが十分通用しました。おかげで自信がつきました。使ったことのなかった3DのCADも使いこなせるようになり、自分のキャリアアップのためにも良い経験になったと思います。


コンサルタントの紹介へ

株式会社ライフサイズ 中島 純一

2013年10月にHPよりエントリーいただき、お会いすることになりました。ご家族を思って広島へのUターンを決意したものの、自身のキャリアは捨てたくない・自動車つくりに関わり続けたい・広島でも思い切り働きたいなど、家族のことを思いつつ自身のキャリアには悩まれているご様子でした。自動車に興味持たれた幼少期の話やこれまでの仕事のこと・これからやりたいことなどざっくばらんにお話くださいました。一度持ち帰ってからご提案したのがベバストジャパン社でした。自由度高く、現場に一定以上の裁量権ある同社で思い切り働いていただきたい、という思いを込めてご紹介しました。この度、約10か月ぶりにご連絡をしたのですが、「忙しいけど楽しく働いています」という言葉を聞くことができ、また上司の方から即戦力として大活躍されていらっしゃるご様子もお聞きすることができ、とても嬉しく思っております。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア広島