リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

広島へのリージョナル転職を見事実現された候補者の加藤喜博さん(仮名)にインタビューしました。

より付加価値の高い製品を扱う、本物の“提案営業”に、地元で巡り会いました。

加藤喜博さん(仮名)は栃木から広島への転職を成功させたリージョナルヒーローだ。もともと岡山の出身だった加藤さん。前職では自動車部品メーカーの営業として活躍。実績を買われ、27歳の時、ほとんど未開拓だった関東市場に単身で乗り込む。そして関東の売上を5倍に伸ばす成果をあげる。しかし製品コストばかりを優先される点に疑問を感じ、「もっと付加価値の高い製品を扱いたい。コストのみで判断されるのではなく、提案力の問われる営業活動を実践したい」と思い始める。加えて関東勤務が既に10年に及んでおり、長男なので地元の中国地方に戻りたいという気持ちもあり、転職を決断。転職により、故郷に近い広島に戻った加藤さんは「瀬戸内海の魚はうまい。野球観戦にもすぐ行ける」と充実した生活を手に入れたことを喜ぶ。もちろん仕事についても「営業として大きなやりがいを味わっている」と語る。

- プロフィール南条装備工業株式会社 加藤喜博さん(仮名) 38歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】0回【転職期間】エントリーから内定まで50日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 営業職 職業 営業職
業界 自動車業界 業界 自動車部品業界
仕事内容 完成車メーカーに対する自動車用外装部品の提案営業 仕事内容 自動車メーカーに対する樹脂部品の提案営業

1コスト優先の製品の営業には先がない、と感じた

現在のお仕事はどんな内容ですか?

自動車メーカーに対する、樹脂部品の提案営業を行っています。ドアトリムやシートトリムと呼ばれる内装部品で一般の人々が目にする機会も多く、機能はもちろん高いデザイン性も求められるものです。

入社前のご経歴を教えてください。

関東の大学を卒業後、故郷の岡山で自動車外装部品メーカーに入社。一貫して営業を担当しました。大手メーカーを顧客に抱えていた時、クルマのモデルチェンジのタイミングで取引を大きく伸ばすことに成功。その実績を買われ、27歳の時、ほとんど未開拓だった関東市場に単身で乗り込むことになりました。関東でも、大手メーカーを再重点顧客として提案活動を展開。赴任して10年で、取引額を5倍に拡大することができました。言わば“外様”のような状況だった関東市場で確固たる地歩を築けたことは、大きな自信につながりました。

転職のきっかけは?

最も大きかったのは、「今の仕事でできることは全てやり切った。もっといろんな挑戦がしてみたい」という思いです。自動車部品の業界は競争も激しいので、コスト優先の勝負になりがちです。もちろんコストは大事ですが、そこばかりで判断されてしまっては提案営業をやっている意味がない。もっと付加価値の部分を顧客に評価してもらえる製品を扱いたい、という希望が強くなってきました。加えて、長男なのでそろそろ地元近くに戻りたいとも思いました。関東赴任後に結婚したのですが、妻も私と同じく岡山出身で、中国地方に戻ることに異論はありませんでした。

転職活動はどのように進めましたか?

まず自分の希望をしっかり固めました。自動車部品業界に絞るわけでなく、メーカーであればどんな業界でも良かった。しかし以下の2点にはこだわりました。1つは、付加価値の高い製品を扱っていること。もう1つは、開発能力が高いこと。技術革新の早い業界では、どれだけ高い技術や製品を持っていても、すぐ古くなってしまいます。時代の進化を先取りする意志と能力の有無は重要だと考えました。その上で、大手転職サイトに登録。複数のオファーをもらいましたが、私のこだわりに最も近い案件を紹介してくれたのが、ライフサイズさんでした。担当のコンサルタントは、私のエントリーシートに対するアドバイスも丁寧でしたし、とても親身に相談に乗ってくれました。

今の会社に決めたポイントは?

「付加価値の高い製品を扱っている」「開発能力が高い」という私のこだわった2点に合致していたからです。コンサルタントからの丁寧な企業紹介は勿論、会社のホームページなどで製品や開発環境を調べ、ここなら大丈夫だと思いました。自動車部品業界なので前職での経験や知識も活かせますし、広島という場所も希望に沿ったものでした。

2付加価値と技術力の高いメーカーで、最大限に提案力を発揮

転職していかがでしたか?

入社して製造現場で研修を受け、営業部門に正式配属になったのは今年に入ってからなので、今は準備段階というところでしょうか。自動車業界の営業は、提案活動を開始してから成果につながるまで1~2年かかるので、焦っていません。この会社では新人ですが、既に一つの機種を任せてもらっています。それだけ自分の営業力・提案力を買ってくれている、という会社の期待も感じますし、やりがいは大きいです。

生活面での変化はいかがですか?

改めて「瀬戸内海の魚はおいしいな」と感じます。慣れ親しんだ味なのでそう思うのかもしれませんが、新鮮ですね。また、元々、野球観戦が趣味でしたので、行きたいときにマツダスタジアムに行けるのも嬉しいですね。気候が温暖で大きな災害も少ないということも、暮らす上ではとてもありがたいと感じます。

困っていることや課題はありますか?

私と妻にとっては故郷に近く、特に課題はありません。ただ子供にとっては、学校の友だちとの別れがつらかったみたいです。そこは申し訳なかったです。でも新しい場所で、またいい友だちができたようで安心しています。

転職してよかったと思うことは?

付加価値の高い製品を扱えるようになったことは、営業としてとても嬉しいです。コスト優先の製品と違い、契約を取れば高い売上・利益を出せます。それによって会社の発展に貢献できるのは、営業の醍醐味の一つです。転職にあたり、収入は下がりましたが、気にしていません。営業なので、業績をあげればきちんと評価してもらえる。南条装備工業さんはそういう会社だという感触を、コンサルタントからの情報などで得ていますから。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

転職にあたっては、自分が過去やってきたことの棚卸しをしっかりとすべきだと思います。自分に何ができて、何が得意か。どんな成果を出してきたのか。営業職だけでなく事務職や技術職であっても、自分のやってきたこと・成果はあるはず。それを明確にすることが、良い転職先を見つけるため不可欠ではないでしょうか。単に「今の上司と合わない」「会社のやり方が嫌」とネガティブに言っているだけでは、転職はうまくいかないと思います。新しい場所で周囲に馴染み、認められるためにも、「自分は何をやってきたか」を直視してください。


コンサルタントの紹介へ

株式会社ライフサイズ 中島 純一

中国地方にUターンしたいとのことで、エントリー頂きました。ご両親や奥様の事を想っての決断でしたが、ご自身のキャリアイメージをお聞きすると、『開発能力の高いメーカーで、お客様の理想を実現すると共に、自身のアイデアなど付加価値も提供できる営業がいたい』と非常に明確なお答えを頂きました。そこで、ご希望にマッチする南条装備工業社をご紹介させて頂きました。独自の製造工法をお持ちで、部品メーカーながら自社にデザイナーを雇用するなど、技術力・商品力を高め続けている同社であれば、キャリアイメージに近く思い切り営業としてご活躍頂けると、自信を持ってお勧めさせて頂きました。実直で常に前向きな加藤さん。ご自身の志向やキャリアイメージに真摯に向き合い、未来を見据えて前向きに転職活動に取り組んで頂けた事が今回の結果に繋がったのではと感じています。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア広島