リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

広島へのリージョナル転職を見事実現された候補者の石原 貴志さん(仮名)にインタビューしました。

自分の強みを発揮できる 広島の企業へリージョナル転職

大学で電子工学を学んだ後、日系の大手電機メーカーを皮切りに外資系通信機器メーカー、外資系半導体メーカーと一貫して電子技術の領域で活躍してきた石原さん(仮名)が次の職場に選んだのは、大手自動車メーカーのマツダであった。電気自動車も市販されるようになった現在、自動車の制御には電子技術が重要な部分を占めるようになっており、そこに新たな飛躍の場を求めたのだ。転職にともない住まいも茨城から広島へ。リージョナル転職であると同時に異業種へ、そして外資系企業から日本企業へという選択をおこなった石原さんに話をうかがった。

- プロフィールマツダ株式会社 石原 貴志さん(仮名) 41歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】3回【転職期間】エントリーから内定まで66日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 システム開発 職業 電気自動車向け制御開発
業界 電子部品・半導体 業界 自動車メーカー
仕事内容 カメラ製品のシステム開発、CCDデバイス生産の工程管理 仕事内容 走行安全に関わる分野の設計、開発を担当。

1半導体メーカーから自動車メーカーへ

現在のお仕事について教えて下さい。

自動車メーカーで電気関係の仕事をしています。機能としては走行安全に関わる分野の設計、開発で、ソフトとハードをまたぐような仕事になります。

これまでのご経歴をみると、大手電機メーカーや半導体メーカーなどの会社にお勤めで、自動車メーカーは異業種になりますね。

自動車を運転していただければわかるように、自動車の制御には電子的な部分が欠かせなくなりました。最近は電気自動車も市販するようになっています。もちろん機械で自動車は動くのですが、電子技術が不可欠になっているのです。

リージョナル転職を決断されたのはどのような経緯だったのでしょうか。

前職の外資系企業がリーマンショックの影響を大きく受けて業務を縮小することになり、私も新しい職場で働くことを考え始めました。もちろんそれまでの経歴とまったく離れた仕事に就いては私も苦労するし、雇用先の会社にとってもプラスになりません。これまでの経験と蓄積を活かせる職場、ということを転職の条件にしました。

転職活動はどのように進めましたか。

人材紹介会社を通じてマツダを紹介してもらいました。前職では茨城に住んでいたので現在の勤務地である広島はかなり距離があったのですが、距離よりも自分の経歴を生かせる場所であることが大切だと思いました。広島には子供の頃、二年ほど住んでいたことがあって、多少の土地勘もありました。私は独身ですし、これまでも転職するたびに住む地域はかわっていたので転居に関して問題はありませんでした。

茨城と広島では転職活動が大変だったのでは。

広島へは二回、面接のために日帰りで往復しましたが、それは仕方がありませんよね。むしろ就職活動よりも転職が決まり、新しい住まいを探すときに短期間で決めなければいけないことが大変でした。

異業種へ転職することへの不安はありましたか。

不安はありませんでした。面接を受けたときに仕事の内容についていろいろ質問し、会社からも私に対する要望をきちんと伝えていただいて、お互いに望む内容が一致することを確認できていましたから。

2自分の強みと企業が求めていることの合致点を見出せ

実際に広島へ移られてどんなメリット・デメリットを感じていますか。

仕事に関しては、これだけインターネットが普及しているので情報収集には苦労しませんし、それ以外のことでもデメリットは感じません。ただ、勤務しているのが自動車メーカーなので、これまで働いていた電機メーカーや半導体メーカーに比べれば電子関連の設備やノウハウの蓄積に関して弱いと感じる部分があります。しかし、だからこそ私が頑張って盛り上げていこうという気概が湧いてきます。

ご自身の専門分野を活かせる、活躍の場があるのですね。

これから自動車は電子技術の要素が増えていきます。最近は燃費のよさが大きなテーマになっており、マツダでも燃費のよい車種を推しているのですが、その次に来るキーワードは「安全」だと思います。要するに事故を起こさない車のことで、私が担当しているのはまさにその分野の仕事です。次世代の安全な自動車づくりと、それを通じてマツダのブランド力向上に貢献していきたいと思っています。

生活面の変化に関してはいかがですか。

生活面でも支障を感じることはありません。広島は気候が温暖なところが気に入っています。関東は冬になると空っ風が吹いて寒いのですが、こちらは総じて温かいんです。

これからリージョナル転職を検討している方にアドバイスをお願いします。

技術畑の人に限らず、これまでの自分の経歴を生かせる職場を探すのがベストだと思います。給料が上がる会社にひかれてしまいがちですが、無理をして経歴とは異なる分野へいっても苦労するのは自分ですし、採用してくれた会社にも迷惑をかけてしまいます。自分の強みと相手の企業が求めていることの合致点をうまく見付けていくことが、転職した後も安心して働けることにつながります。


コンサルタントの紹介へ

株式会社ライフサイズ 植田 将嗣

2010年9月エントリーをいただき、ちょうど私も東京におりましたので直接お会いすることができました。年上で当然私よりもキャリアをお持ちの方でしたので、面談をさせていただき、技術のことを詳しくお教えいただいて私の企業理解がますます深まりました(笑) ご出身は茨城県ですが、幼少期に広島県にお住まいになったご経験をお持ちで、マツダ株式会社様のご紹介をさせていただいたときに随分親近感をお持ちいただけたようでした。面接のセッテイングや内定後のやりとりも非常にスムーズで、コミュニケーションをとらせていただく度に誠実なお人柄を感じました。この度、約1年ぶりにご連絡をさせていただいた際も、とてもお話ししやすく、あらためて優れたご人格の持ち主だと感じました。 2011年10月現在、即戦力として大活躍されていらっしゃるご様子をお聞きし、企業様のご評価も非常に高く、とても嬉しく思っております。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア広島