リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

広島へのリージョナル転職を見事実現された候補者の池上裕輔さん(仮名)にインタビューしました。

人生を変える決断。運命の出会い。

池上裕輔さん(仮名)は、2011年に東京から地元広島へのUターン転職に成功したリージョナルヒーローだ。関東の大学を卒業後、急成長していたIT系企業の営業として勤務。主にモバイル向けのアフィリエイト広告の営業を担当し、若くして月商1億円に達する仕事を経験。社会人3年を経て仲間にも恵まれ会社には全く不満がなかったものの、結婚を控えたタイミングで将来の子育て、ご両親のサポートなどを総合的に踏まえ転職を決意。現在は服飾資材の専門商社である伊豆義株式会社で総務に籍を置き、幅広い業務で活躍している。「単純に仕事を変えるというより、人生を変える選択だった」と話す池上さんに、入社から4年たった現在の状況とともに当時の体験談を伺った。

- プロフィール伊豆義株式会社 池上裕輔さん(仮名) 26歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】0回【転職期間】エントリーから内定まで51日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 営業 職業 総務兼営業事務
業界 IT 業界 アパレル
仕事内容 モバイル向けのアフィリエイト広告の提案営業 仕事内容 社会保険関連の業務、仕入商材の伝票管理、納品書と請求書の付け合せなど

1「運命」の出会いと感じ、伊豆義に入社。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

ボタンやファスナーなどに代表される服飾資材の専門商社である伊豆義株式会社にて総務兼営業事務の仕事をしています。服飾資材はアイテム数が本当に多く、覚えるのが大変。そこで入社から3ヶ月ほどは研修で倉庫での出荷業務を手伝い、自社の商品、取引先、商品の流れなどを覚えていきました。 研修後は総務部門に配属され、社会保険関連の業務、仕入商材の伝票管理、納品書と請求書の付け合せなどの業務を主に担当しています。

入社前のご経歴を教えてください。

関東の大学を卒業後、東京のインターネット広告事業を展開する企業に就職。モバイル上でのアフィリエイト広告の提案営業を経験しました。この会社への入社の決め手は業界に興味があったのはもちろんなのですが、面接時に会う社員やすれ違う社員の方もしっかりと笑顔で挨拶して頂くなど、雰囲気もよく、皆イキイキと楽しそうに働いているように感じたからです。実際、入社後も良い人が多くて皆仲が良く、非常に働きやすい環境でした。

転職のきっかけは?

複数あるのですが、一つは妻と婚約したことです。 妻も地元が西日本であり、将来東京で子育てしていくイメージはどうしても持てませんでした。また私は母を19歳の時に亡くしており、父から特に戻って来いと言われたわけではないのですが、長男であるため帰らなければならないと感じていたこともありました。

転職活動はどのように進めましたか?

私の場合は少し特殊かもしれないと思うのですが、まず会社に辞意を伝えました。これは自分の性格を考えてのことなのですが、会社や同僚、上司ともとても好きだったので、在籍しながらの転職活動ではずるずると後ろ倒しになり、結果、転職の機会を逃すような気がしました。収入など将来の保障がなくなってしまうことには大きな不安を覚えましたが、それでも腹を決めて決断しました。辞意を伝えると、ありがたいことに上司から慰留を受けましたが、転職の意志は固いことを伝えました。もし中途半端な状態で辞意を伝えていたら、そのまま残っていたかもしれません。 その後、リージョナルキャリア広島主催の東京面談会があるとweb上で発見し、まずは話を聞いてみようとエントリー、面談をしていただきました。

今の会社に決めたポイントは?

強烈なご縁を感じたからでしょうか。実は伊豆義は実家から徒歩5分程度と非常に近く、また幼いころからよく知った会社でもありました。キャリアコンサルタントの方から提案を受けた時は本当に驚きましたし、ここしかないという何か運命的なものを感じました。付け加えるとしたら、現在の職務のような事務系の仕事を希望していましたので、それも決め手となりました。前職時代は数値分析や資料作成で社内外から評価いただくことも多く、営業よりも営業企画や経理、総務などのバックグラウンド系の仕事が向いているのではと感じていました。キャリアコンサルタントの方にはその希望も伝えていましたが、勤務地と併せ希望と合致するものはそうそうないだろうとあまり期待はしていませんでした。

2夕食やお風呂など子供との時間。勤務後のプライベートな時間が充実。

転職していかがでしたか?

知っていた会社とはいえ、最初は分からないことだらけでした。最初は出荷を手伝いながら商品や取引先を覚えることからのスタートでしたし、またIT系企業からの転職でしたので、様々な社内申請の手順や流れも全く違い、会社が違えば様々なことが違うのだと改めて実感しました。 現在は総務に在籍しながら総務業務だけでなく、営業事務的な幅広い仕事を行っていますが、将来総務として取り組みたいことなど自分なりに考えながら業務に当たっています。

生活面での変化はいかがですか?

前職では最終電車で帰宅し、家に帰って寝るだけという生活が当たり前でした。ツラいとか嫌だという思いは全くありませんでしたが、家庭を持つとこの生活リズムは現実的ではないかなとも思っていました。今では定時に帰宅することも多く、娘とお風呂に入ったり、夕食を食べたりと以前に比べると心豊かに生活できているように思います。

困っていることや課題はありますか?

困っていることは特にありませんが、課題はこれから総務を中心として自身の業務をどのように高度化していくかということです。総務として会社に籍を置いているからには、やはり社員皆さんや会社全体の役に立つような存在でありたいと思っています。そのためにこれから何ができるのかを考えています。

転職してよかったと思うことは?

一番は家族と過ごす時間を大切にできることですね。 妻の実家は少し遠いですが、それでも月に1度は家族みんなで帰っています。東京に住んでいたらそんなことはもちろんできませんし、充実していると思います。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

私のケースはあまり参考にならないと思うので、アドバイスというのは非常に恐縮なのですが、あえて言うとすると決断することだと思います。私は会社に辞意を伝えてから転職活動を始めました。うまくいかなければ収入がなくなってしまうので、もの凄い不安があったのですが、勇気を出しました。自分ではあまり意識していませんでしたが、その時に本当に決断できたように思います。キャリアコンサルタントの方にも言われましたが、仕事というより人生の方向性を決めた瞬間だったのかもしれません。そして、それがあったから、その後の転職活動をより前向きに進めることができたのだと思います。覚悟を決めていなかったら伊豆義との出会いも運命とまでは感じていなかったかもしれません。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア広島