リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

広島へのリージョナル転職を見事実現された候補者の村西稔(仮名)さんにインタビューしました。

地元本社の世界的メーカーで、人事として活躍する道を実現した。

村西稔さん(仮名)は東京から広島への転職を成功させたリージョナルヒーローだ。東京の大学を卒業し、東京本社の大手情報関連会社に就職。人材採用・育成関連の提案営業に携わる中で、「働く人を幸せにするための環境づくり」という役割を担う「人事」という職務への関心を深める。そして東京のコンテンツ関連の会社に人事として転職。その3年後、地元・広島へ、Uターン転職を果たした。新たな活躍の場は、世界にも多くのファンを持つ個性的なクルマを発信する、国内でも有数のメーカー、マツダだ。規模が大きくなり、人事として関わる部門・職種もさらに多彩になった中で、村西さんは日々新たな刺激と発見を受けながら成長を遂げている。

- プロフィールマツダ株式会社 村西稔(仮名)さん 37歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】2回【転職期間】エントリーから内定まで95日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 人事 職業 人事
業界 遊技機メーカー 業界 自動車メーカー
仕事内容 人事事業務全般(労務管理、組織開発、採用、育成、評価等) 仕事内容 人事業務全般

1人事として、働く人が幸せになれる職場環境づくりに貢献したい。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

人事部門のスタッフとして、マツダ全社員が良い労働環境の中で働けるようにするためのサポートを実践しています。具体的には、労働組合対応や勤怠管理、人事制度企画などが中心です。人事部全体には150名ほどが所属していますが、私の所属するグループのメンバーは10名。その人数で全マツダ従業員約2万人の労務行政を担っているのです。責任とやりがいを感じながら日々を送っています。

入社前のご経歴を教えてください。

東京の大学を卒業後、WEBや紙媒体などを通じ各種情報を提供する会社に入りました。携わったのは、人材採用・育成に関する広告・サービスの提案営業です。この仕事を通じ、様々な会社と人材について商談を重ねるうちに、「人がイキイキと活躍できる環境づくり」という点に興味が湧き始めました。採用広報をお手伝いしていると、顧客企業の優秀な社員の方々の話を聞く機会が度々あります。でも、そうやって自分の仕事を熱く語れる人はごく一部で、大半の人はそうではない。もっと多くの人が、自分の仕事に誇りを感じ、職場でイキイキと過ごせるような支援ができないか…と思うようになったのです。 それを実現するには、人事として企業に深く入り込むのが一番です。そこで、11年働いた情報会社を退職。各種コンテンツを扱う会社に転職し、人事として働きました。現在の会社に転職したのは、それから3年後です。

転職のきっかけは?

直接のきっかけは、実家の家族が体調を崩したことです。長男ですし、いずれは地元に帰らなければならない。人事の仕事にこだわるなら、やはり広島に本社のある会社の方がいい。そう考え、転職活動を始めました。

転職活動はどのように進めましたか?

具体的活動は2015年の2月頃からです。大手の人材紹介会社や求人サイト、また広島に根を下ろしている地元の転職エージェントなど複数のソースに登録し、情報を収集しました。ライフサイズもその1社です。同社は地元の企業動向に精通しており、同社のエージェントと話したおかげで、人事職の求人など、相場感を身に付けることができました。マツダについても、精度の高い情報を提供してくれました。

今の会社に決めたポイントは?

職種・勤務地・仕事内容は全て私の希望通り。今後の事業展開も有望で、力の奮いがいがあると感じました。なるべく早く来てほしいと要望されたのですが、私としては前職業務が一段落するまで動けない状態。結局、8月までずれこんだのですが、快く待って頂けたのもありがたかったです。

2家族も含めて負担をかけてでもUターン転職する。その意義は何か、明確にした方がいい。

転職していかがでしたか?

会社にはそれぞれの人事のやり方があるものだ、と実感します。例えば前職でも、その前の会社にも「労働組合」は存在しませんでした。ここに来て初めて労働組合対応を担当しているのですが、日々新たな驚きや発見がありますよ。またマツダには、様々な部門や職種があります。働き方も多様です。勤務管理を行う上でも、多様な状況に応じた対応が必要になります。今までに経験していない領域に触れる機会が増え、人事としての幅が広がっている手応えがありますね。

生活面での変化はいかがですか?

今は実家で妻と3人の子どもと一緒に暮らしているのですが、子育てには地元がいいですね。空気はうまいし海も山も近いし、人混みも少ない。東京では、子どもを連れてキャンプに行くとなると一騒動でした。レンタカーを借りテントを借り、朝早くから出発。帰り道は大渋滞で、帰宅する頃にはヘトヘトです。しかしここでは1時間も車を走らせれば、もうバーベキューが楽しめます。駐車スペースにも困りませんから、車も買いました。

困っていることや課題はありますか?

一番困ったのは、転居当初に子どもが寂しがったことです。一番上は小学生なので、東京の友だちとの別れが嫌だったみたいですね。こればかりはどうしようもないことでしたが、徐々にこちらでも仲間ができ始めているようです。

転職してよかったと思うことは?

私が人事という仕事に関心を持った根本は、「働く人々の“幸せ”の実現に関与していきたい」と考えたからです。そういう観点で、マツダはとても誠実な会社だと思います。労務管理もしっかりしているし、働く人々が力を発揮できる会社にしよう、と人事の皆が努力している。自分のやりたいことが実践できる場だと実感します。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

エリアを越えた転職には、大変な負荷がかかります。在職中に、面接のため地元を訪問する時間を作るのも大変ですが、子どもの学校や習い事、配偶者の仕事など、変化に伴う課題は多岐にわたります。そうした負荷を乗り越えていくためにも、地元へ転職することで自分は何を実現したいのか、明確化しておいた方が良いと思います。そこまでしてでも転職したい、という意義が自覚できていれば、面接の際にも「それほどしっかり考えた上での決断なら、ぜひウチでがんばってほしい」と相手企業に感じさせるアピールポイントにもなるはず。転職を成功させるために、自分なりに「なぜ転職するのか」を考え抜くことが必要だと思います。


コンサルタントの紹介へ

株式会社ライフサイズ 中島 純一

最初の面談は東京で、奥様、お子様も一緒にお会いさせていただきました。その時に奥様も広島でのお仕事をお考えのことと、時期についても約2年先にとお伺いしていました。もともとのご希望のタイミングを重視しましたが、最もお勧めできる案件(マツダ様)がすぐに見つかり、結局それから約3か月で内定となるスピード転職活動になりました。なかなかお時間の調整が難しい中、広島にお越しいただき、またご家族みなさまのご理解もありなんとか転職活動を乗り切っていただきました。先日、ご入社後に初めて村西様ご夫妻と食事をしましたが、とても楽しそうに過ごされていて安心しました。今後のご活躍をお祈りしています。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア広島