転職成功者インタビュー

八千代工業株式会社
前田和典さん(仮名・営業) 33歳

仕事とプライベート、理想の環境は住み慣れた広島にあった。

理美容機器・化粧品等を製造販売する企業で営業として活躍していた前田さん。9年にわたる広島での実績を評価され、東京へ異動することになったものの、営業スタイルや生活環境の違いに違和感を覚え、「自分自身にとって何が重要か」を考えるようになったという。その結果、夫婦で住み慣れた広島に戻る決断をし、老舗メーカー八千代工業と出会った。その結果、念願だった広島での生活だけでなく、魅力的な社長や同僚、やりがいのある仕事とも出会えたという前田さんの転職体験談を紹介する。(※本記事の内容は、2020年7月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで39日間

転職前

業種
メーカー(理美容機器、化粧品等)
職種
営業
業務内容
化粧品部門(カラー剤、シャンプーなど)の営業

転職後

業種
メーカー・ベンダー(手芸用品、文具、玩具、レジャー・雑貨、園芸用品等)
職種
営業
業務内容
幅広いカテゴリー領域の商品の企画・提案営業

老舗メーカーの営業職として顧客の想いを形にする。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

創業1963年の八千代工業は手縫針の製造を起源とした、手芸用品を中心としたメーカーベンダーです。現在では、文具、玩具、レジャー・雑貨、園芸用品など幅広いカテゴリーの商品を企画販売していますが、私はOEM事業部に所属し、弊社が培ってきた生産、企画、調達ノウハウを駆使してお客様のニーズに応える商品作りに取り組んでいます。

入社前のご経歴を教えてください。

新卒で入社した理美容室専用の化粧品(カラー剤、シャンプーなど)のメーカーで営業として10年半ほど勤務しました。入社後、最初の1年は研修もかねて大阪の配属となりましたが、その後は広島営業所に配属となり、そこから約9年間にわたって広島営業所に勤務し、中国地方5県の販売代理店と重要顧客を担当していました。販売代理店には製品勉強会の実施や販売プロモーションの打ち合わせを行い、重要顧客には定期的な訪問を通じて課題のヒアリングや自社の持つ製品を組み合わせたメニュー提案、スタッフ育成カリキュラム提案を行い、関係性強化に取り組みました。全国の営業スタッフが参加する社内のプレゼンテーションコンテストで2年連続優勝でき、そういった面も評価されて東京営業所へ異動することになりました。

転職のきっかけは?

最も大きな理由は、私も妻も、東京の環境が合わなかったという点です。転勤の直前に結婚し、妻と共に東京へ拠点を移しました。会社から期待されて東京へ呼んでもらえたのは有難いことでしたが、プライベートの面で、これから子供を授かったり、家を購入したりということを考えたときに、東京で暮らし続けるイメージが持てませんでした。また、仕事の面でも、東京で自分に期待されたことや顧客との距離感・関係性、営業スタイルなどが自分には合わないと感じました。良くも悪くもドライと言いますか、広島で大事にしていた、顧客の声をしっかりと聴いて課題解決の提案を行うのが難しいと感じたのです。もちろん、自分自身が環境に合わせていくということも大事ですが、プライベートも含めて、妻の地元であり私自身も住み慣れた広島で腰を据えて生活していくことが私達にとってベストな選択であると考え、転職活動を行いました。

今の会社に決めたポイントは?

まず、広島で60年にわたり安定した経営をしており、地元で腰を据えた生活が送れるという点です。そして、仕事の面ではOEM事業部という顧客の想い・ニーズを形にしていくという職務内容に面白みを感じました。カタチあるものを売るということではなく、「どんな顧客にどんなものをどのように売っていくか」、それを考えて実現していく過程はとてもやりがいがあると感じました。とはいえ、一番の決め手は採用面接を通じて接した社員・管理職、そして社長の人柄です。もともと八千代工業という会社のことは知りませんでしたし、前職と比べると企業規模も小さいため、接点を持つ前は少し不安もありました。実は同時に、全国展開している企業の広島営業所での求人にも応募し、そちらの選考も進んでいました。ですが、八千代工業の社長や管理職の方と実際に会って話をすることで不安は消え去り、むしろこの人達と一緒に働きたい、一緒に会社を成長させていきたいと思うようになり、入社を決めました。

働き方改革の先進企業でプライベートも大きく変化。

転職していかがですか?

実務に関してはまだまだ日々勉強中ですが、学ぶことが多くやりがいを感じています。また、繰り返しになりますが、職場の方々の人柄が良く、思っていたよりも非常に早く職場に馴染めていると感じています。

転職して良かったと思うことは?

仕事の面で既存の顧客だけではなく、自分自身のやる気さえあれば、今後も様々な業界へアプローチを行って商売に繋げていける、その可能性がある点はともてヤリガイがあります。有難いことに上司が自分に期待してくれているのも感じますし、仕事もどんどん任せてくれて裁量が大きい点も八千代工業で働く魅力の一つです。

困っていることや課題はありますか?

異業種への転職である以上、覚えることが数多くあることは覚悟していたので、大変と言うより、「1日でも早く対応できるように頑張るのみ」、と考えています。社内の担当者を通じ、海外の様々な企業とのやり取りが多いため、相手の国の慣習を理解したり、様々なトラブルが発生した時に対処できるだけの引き出しを持つことが重要だと感じています。

生活面の変化はありましたか?

かなりあります(笑)。まだ入社間もないということもありますが、基本的に定時に帰宅できます。八千代工業は広島県の働き方改革実践企業に認定されていて、全社的に「決められた時間内で生産性の高い仕事をして定時には業務を終了しよう」という方針です。そのため、プライベートの時間が本当に増えました。趣味である読書や映画鑑賞に今までよりも多くの時間を割けるようになりましたし、そこで吸収できた知識や経験が、OEM事業という自身の仕事にも活かしていけると感じており、とても充実しています。また、料理は苦手なのですが、それ以外の家事を積極的に行うようになりました。今後、子供を授かった時のことを考えると、仕事とプライベートのメリハリをつけられる今の会社に満足しています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

自分自身にとって何が重要かということを明確にして、ぶれずに活動していくことが大切だと感じました。とは言え、実際に転職活動を行うと、軸がぶれてしまったり、迷いが出たりすることが自分自身もありました。そんな時に、コンサルタントと話をしたり助言をもらったりすることで、「何のための転職活動であるか」その原点に立ち返ることができました。求人の紹介だけではなく、その時々で自分と向き合い、ともに伴走してくれるコンサルタントの存在は大きいと感じました。

担当コンサルタントから

チーフコンサルタント 
瀬川 泰明

前田さんとは東京で開催した転職相談会でお会いしました。オープンで明るく、人当たりが良い方で、こちらもとてもリラックスして面談させて頂いたのを覚えています。ご本人は特に意識されているわけではないと思いますが、短時間で相手をリラックスさせることができるのはすごい能力ですし、営業が天職の方と感じました。お客様だけでなく、職場へ溶け込むのも早いようで、現在の上司ともよく食事をご一緒されているとのことでした。今回、このインタビュー記事の内容確認でご対応いただいた八千代工業の担当者の方も、「前田さんは明るくて本当に好人物」と仰っていました。前田さんからも「上司や職場の方々に恵まれて、仕事もとてもやりがいがある」と伺い、本当に嬉しく思います。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る