• TOP
  • リージョナルHERO

リージョナルHERO

リージョナルキャリアで転職し、現在広島で活躍している方をご紹介します。

地元に戻るなら30代の今が一番いいタイミング。そう決断して東京からUターン。

Vol.209【広島】株式会社データホライゾン 松山 孝輔さん(仮名) 32歳

広島出身の松山さんは、新卒で地元の大手物流会社に入社。順調に人事としてのキャリアを歩んでいたが、会社の組織改編に伴って東京へ異動することになる。その後も都内で医療機器商社に転職するが、30歳を過ぎたころから、自分と妻の出身地である広島へのUターンを考えるようになったという。32歳のとき、「年齢的にラストチャンス」と転職活動を開始。現在の勤務先に巡り会った松山さんに、新しい職場と地元広島での生活について伺った。

詳しく見る

子どもが育つ上でベストな環境を考え、妻の地元にIターン。

Vol.205【広島】日新工機株式会社 浅野 隆史さん(仮名) 35歳

浅野さん(仮名)は大学院修了後にフィルムメーカーに勤務し、一貫してものづくりの工程設計に携わってきた。仕事内容や待遇に不満はなく、順風満帆なキャリアを歩んでいた浅野さんだが、見知らぬ土地で初めての子育てに苦労する妻の姿を見るうちに、移住を意識するようになる。妻が落ち着いて子供と向き合え、子供がすくすくと育つ環境とは...。そう考えた時に、まず浮かんだのは妻の故郷である広島だった。現在はプラントの設計・施工を手掛ける広島の企業で働く浅野さんに転職活動を振り返ってもらった。

詳しく見る

企業会計キャリアを活かせる仕事でワークライフバランスも実現

Vol.188【広島】ドリームベッド株式会社 杉田正則さん(仮名)46歳

他県の上場企業で監査担当役員を務めていた杉田さん(仮名)は、高齢となった両親の住む広島にUターン転職をした。しかしそこで与えられた仕事は、杉田さんのキャリアに見合うものとは言えず、さらに休日は不規則で連日の長時間勤務という環境だった。第3子の誕生をきっかけに、ワークライフバランスを見直し、本来自分がやりたかった仕事をもう一度探そうと決意する。そして上場を目指す地元企業と出会う。積み上げてきたキャリアを活かせる仕事と、家族との大切な時間をも手にすることができた転職体験談を紹介する。

詳しく見る

広島をベースにしながら、世界を舞台に活躍したい。それが唯一にして、最大のこだわり。

Vol.178【広島】株式会社アスカネット 木原真輔さん(仮名)28歳

海外営業として世界各国を股にかける木原真輔さん(仮名)。グローバルに活躍したいという想いを持ちながら、あくまで生活の拠点は広島に置きたいという希望を持っての転職活動となった。海外企業からのオファーも受ける中、入社を決めたのは広島本社のテクノロジー企業・アスカネット。欧米、アジアと飛び回りながら、広島で充実した生活を送る木原さんに、転職活動からこれまでを振り返っていただいた。

詳しく見る

6年間の単身赴任生活にピリオドを打ち、家族のもとへUターン。

Vol.173【広島】タイム株式会社 荒井弘樹さん(仮名)39歳

前職は建設機械の部品メーカーで、設計と品質保証を兼務していた荒井弘樹さん(仮名)。10数名の部下を抱えるマネージャーとして活躍しており、品質保証の仕事にも面白さを感じていた。しかし、関西での単身赴任生活は6年目となっており、広島県三原市にいる家族と一緒に過ごしたいという思いが日に日に強くなっていた。そこで荒井さんは、転職を決意。現在は家族が暮らす地元の三原に戻り、品質保証の仕事に従事している。家族との時間と希望の仕事を手に入れた荒井さんに、近況を伺った。

詳しく見る

エントリーから内定まで2ヶ月。短期決戦で希望の仕事と家族との時間を手に入れた。

Vol.165【広島】大塚メカトロニクス株式会社 細山佑樹さん(仮名)28歳

細山佑樹さん(仮名)は新卒入社した会計事務所で監査や経理指導などを手掛けながら経理のスキルを磨き、事業会社の経理職へと転職を果たしたリージョナルヒーローだ。エントリーから内定まで2ヶ月足らずというスピーディな転職活動を経て、現在は経理職として充実した日々を送っているという細山さんに、転職活動からこれまでを振り返っていただいた。

詳しく見る

東京への異動か、広島での転職か。迷いの中で出会えたのは、理想的な会社だった。

Vol.162【広島】カルビー株式会社 大西菜穂子さん28歳

製薬会社のMRとして広島の事業所に勤務していた大西菜穂子さん。上司に恵まれて仕事は面白く、いずれは東京の本社でマーケティングや企画の仕事をしたいという希望を持っていた。しかし地元企業に勤める男性と結婚。入社5年目を迎え異動が現実的になってくると、「異動なら夫とは別居」、「広島に残るなら転職」という選択が必要な状況に。どこか良い転職先があれば......と様々な求人を探す中で、最初の相談から数カ月を経てコンサルタントから紹介されたのは、まさに理想通りの会社だった。

詳しく見る

自分たちの開発した製品で勝負できる。そんな提案型の営業がやりたかった。

Vol.157【広島】南条装備工業株式会社 宮城寿さん(仮名)35歳

宮城寿さん(仮名)は大学卒業後、自動車部品メーカーに就職し、入社当初は技術職、5年目から営業職としてキャリアを重ねた。やがて、大手メーカーの指示通りの部品を提供するだけではなく、「顧客のニーズを汲み取って課題解決につながる製品を提案する営業がしたい」と考えるようになった。そこで、自社開発に力を入れているメーカーに焦点をあてて、転職活動を開始。希望していた開発型メーカーへの転職を果たした。「"お客様に言われるままの製品づくり"ではなく、自分たちの力で開発した製品を提案できる。そう思うと楽しみで仕方がない」と話す宮城さんに、転職活動を振り返ってもらった。

詳しく見る

40歳での決断は、現状維持より新たな環境で成長を。

Vol.153【広島】八千代工業株式会社 下村伸行さん(仮名) 40歳

下村伸行さん(仮名)は某有名アパレルメーカーひとすじの会社員。営業からキャリアをスタートし、マーチャンダイザーやバイヤーを経て、新規ブランドの責任者を担当。その活躍ぶりが認められ、スカウトの話が来るようになり、自分の人生を初めて真剣に考えるようになったという。そして気づいたのは、自分自身のさらなる成長とゆとりある暮らしへの渇望。そんな下村さんが次の活躍の場として選んだのは、広島市内にある老舗の手芸用品メーカーだった。「地元にこんなに将来性のある会社があることも、手芸用品にこんなに大きなマーケットがあることも知りませんでした」と話す下村さん。新たな挑戦の苦労も感じつつも、「期待以上のことが多い」と喜ぶ下村さんにお話をうかがった。

詳しく見る

家族が一緒に暮らすための転職で、人事としてのキャリアアップも実現。

Vol.150【広島】べバストジャパン株式会社 山城浩之さん(仮名) 26歳

地元・広島の大学を卒業した山城さん(仮名)が就職したのは大手電機メーカーのグループ会社。兵庫県内の事業所に配属され、人事としてのキャリアをスタートした。ほどなくして学生時代に知り合った女性と結婚。子どもも生まれ、妻のキャリアや子育て、家族のあり方を長期的に考えた末に、広島へのUターン転職を決意する。プライベートなライフプランが転職の動機ではあったが、若い山城さんにとって、自身のキャリアをこれからどのように積み上げていくかも重要なファクター。そうした「キャリア観」を転職エージェントのコンサルタントと共有することによって成し遂げた、「100点満点の転職」の経緯を紹介する。

詳しく見る

ページの先頭へ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
広島市 呉市 竹原市 三原市 尾道市 福山市 府中市 三次市 庄原市 大竹市 東広島市 廿日市市 安芸高田市 江田島市 安芸郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す