リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア広島で転職した方々に体験談をお聞きしました。

独立リーグ球団のマネージャーから、経験ゼロの不動産営業への転職に成功。

株式会社日興ホーム
塩崎一宏さん(仮名・営業) 30歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで26日間

スポーツビジネスに興味を持ち、独立リーグに所属する新潟の球団に就職した塩崎さん。マネージャーとして多忙な日々を送っていたが、結婚を機に、地元へのUターン転職を考え始めた。球団マネージャーという特殊な経験を活かせる仕事はそう簡単に見つからないだろうと、早い段階から「ゼロからのチャレンジ」を覚悟。どんな業界・仕事でも、自分にできることなら取り組もうと決めて転職活動をスタートさせた。そして塩崎さんは土地有効活用の提案を行う不動産営業として転職に成功する。「"こうじゃないと駄目"というこだわりを特に持たなかったので、コンサルタントの情報を素直に吸収できた」と彼は自身の活動を振り返る。(※本記事の内容は、2016年9月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
プロスポーツ
職種
球団マネージャー
業務内容
スケジュール管理・用具管理などチーム運営全般

転職後

業種
住宅・不動産
職種
営業
業務内容
土地の有効活用に関する各種提案

彼女も自分も広島出身。結婚後の新生活を、落ち着ける故郷で送りたい。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

土地を所有している地主様や、アパート経営をされている方などに対して、不動産の有効な活用法をご提案しています。単に収益だけではなく、固定資産税などの税金対策や、また親族への相続についてなど、お客様が重視されるポイントは多彩です。一人ひとりのお客様や、そのご家族の状況を踏まえ、土地の売買やアパート建築など最適な活用法を提案するよう心がけています。

入社前のご経歴を教えてください。

大学在学中にスポーツビジネスに興味が湧いたことを機に、新潟の専門学校に進み、スポーツビジネスをより深く学びました。卒業後は新潟に残り、独立リーグ所属の野球チームに就職。マネージャーとして、チーム運営に関わる仕事を一手に引き受けていました。日々のスケジュール管理、球場予約からホテル手配、弁当手配、マイクロバスの運転手、選手の私生活の指導まで、何でもやりました。忙しかがったですが、私自身も高校・大学と野球漬けの日々を過ごしていたこともあって、充実していました。

転職のきっかけは?

専門学校で知り合った彼女との結婚を決めたことです。たまたま彼女も広島出身者だったのです。私もいずれは広島に戻りたいと考えていましたので、新しい生活を故郷でスタートさせたい。そういった気持ちが強くなってきました。

転職活動はどのように進めましたか?

前職の契約終了と共に会社を辞め、広島に戻ってきました。そこからインターネットでいろいろ検索し、ヒットしたのがリージョナルキャリア広島でした。サービスを見てみると、Uターン転職の事例がたくさん載っていたので、「ここにお願いしてみよう」と、すぐ連絡を入れました。最初は業界にも職種にも、特にこだわりませんでした。コンサルタントとの方との面談の中で、「仕事にどんなやりがいを求めるか?」「仕事の上で大切にしたいことは?」など細かなヒアリングを受ける中で、自分のしたい仕事を徐々に整理していきました。広島にどんな業界や仕事があるのか、といった転職情報も丁寧に教わりました。そして初めて紹介を受けたのが、日興ホームです。私という人間を理解してもらった上で提案してくれた会社なので、安心して面接に臨めました。

今の会社に決めたポイントは?

コンサルタントと話す中で気づいたのが、自分には合うのは「長い時間をかけてお客様と信頼を築いていく仕事」ではないかということです。私は器用ではないので、短期間で結果を求められるのは難しい。その点、土地活用に関わる仕事は、お客様とじっくり話しながら、大切な資産をどうするか煮詰めていきます。このスタイルなら取り組めそうだと思ったのです。面接で待遇の説明を受けた際、社長が自ら資料を手に、丁寧に説明してくださいました。その姿に「誠実な会社」という印象を受けたことも理由の一つです。

経験ゼロからのチャレンジでも、飛び込んでみれば道は開ける。

転職していかがですか?

営業職は初めてでしたが、戸惑いはありませんでした。経験がない分、固定観念もないのがむしろ良かったかもしれません。所属部署の営業は私含め4名、みんな仲が良く、上司も常にフォローしてくれます。社内もアットホームな雰囲気で、毎日楽しく仕事をさせてもらっています。営業なので売上の目標はあります。しかし、会社が高いノルマを課すのではなく、自分で目標を決めています。また、目標達成に向けた同じ部署の先輩や他部署の方々もフォローしてくれています。チームワーク重視の職場で働いてきた自分には合っていると思います。おかげで、これまでいくつかの契約も頂きました。

転職して良かったと思うことは?

私の前職は、他にあまりない特殊なものでした。ですから転職にあたっても、前職経験を活かすことは毛頭考えず、ゼロからチャレンジする覚悟で転職に望みました。自分に合った仕事が見つかるだろうか?と不安がなかったわけではないですが、対応してくれたコンサルタントの豊富な情報提供のおかげで、社風にも待遇にも仕事内容にも満足できる選択ができたと感じています。飛び込んでみれば、道は開けるものですね。

困っていることや課題はありますか?

強いて言えばスーツとワイシャツを買い揃えるのに費用がかかった…くらいでしょうか。前職はずっとジャージでしたので(笑)。

生活面の変化はありましたか?

結婚して、広島市内に新居を構えました。仕事から帰った時、迎えてくれる人がいるのはホッとします。また今の住まいは、私と妻の双方の実家から車で30分くらい。近くなので、月に1回程度はそれぞれの実家に顔を出しています。先日は義父と一緒にサッカー観戦に出かけました。家族の近くで暮らすのはいいものですね。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

一人で考え込むのではなく、色々な方の意見を聞くことが大切です。自分の志向は自分が一番分かっていると思いがちですが、案外そうでもありません。客観的なアドバイスを得て自分の気づいていなかった可能性に目を向ければ、選択肢がグンと広がりますよ。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
中島 純一

「良い人そう」それが塩崎さんの第一印象でした。実際にお話をしてみても、誠実で朗らかで心根がまっすぐな好青年でした。民間企業での勤務経験はありませんが、お人柄をきちんと評価頂ける企業となら、良いご縁になると思い、すぐに浮かんだのが日興ホーム社でした。これまでも業界や職種未経験の方を人物重視で採用されており、社長以下従業員の皆様とても誠実で朗らかな方々なので、塩崎さんに絶対に合うと思いご紹介させて頂きました。それから、社長は学生時代に野球をされていたので、塩崎さんに強い関心を持たれるだろうという見立てもありました(笑)。入社されて1年半、既に会社に欠かせない存在になっておられることを人事の方からお聞きして、大変嬉しく思っています。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る