産直ブログ

地域情報

転職ノウハウ2022.04.15

要注意!「カジュアル面談」で企業に嫌われないための3つの心得

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。先日、ある企業にお邪魔した際、『カジュアル面談』が話題にのぼりました。世間ではかなり以前から実施されていたカジュアル面談ですが、この数年で特に定着したように感じます。

そこで今回は「カジュアル面談とは?」というところから、カジュアル面談を受ける際の注意点まで、ポイントをまとめてみたいと思います。

カジュアル面談.jpg

カジュアル面談と面接の違い

カジュアル面談とは、本格的な選考の前に、企業と転職希望者の相互理解を深める目的で実施されるものです。面接よりもラフなコミュニケーションが特徴で、また、面接との最大の違いは『合否の有無』にあります。

転職希望者が企業に対して自身をアピールし、企業が採用するか否かをジャッジする面接に対し、面談はあくまで双方がフラットな位置付けで、情報交換を目的とした対話の場となります。そのため、転職希望者からすれば、「応募するかどうかは分からないけど、話はしてみたい」というスタンスで臨むことが可能になります。

なぜカジュアル面談が定着してきたのか

ダイレクトリクルーティングの増加

カジュアル面談が定着してきたのには、大きく2つの背景があります。1つ目は「ダイレクトリクルーティング」が広まってきたことです。労働人口が減少し、優秀人材へのオファーが集中する中、企業はこれまでのように「応募を待つ」のではなく、「欲しい人を採りにいく」という意識を強めています。転職希望者やその"予備軍"に対して、特定サービスやSNSなどを活用して直接コンタクトし、「まずは自社について知ってもらえないか」と声をかけていきます。

オンライン面談(面接)の増加

それから2つ目は、特にコロナ禍をきっかけとして「オンライン面談(面接)」が広まってきたことです。企業からアプローチを受けたとしても、いきなり企業に出向くというのはなかなかハードルが高いもの。しかしオンラインであれば、場所にとらわれず、それこそ"テレワーク中の合間に"など日時も調整しやすいため(褒められたものではないかもしれませんが・・・苦笑)、より気軽に企業と接点を持てるようになりました。

こうした背景が合わさって、「とりあえず話しましょう」というニュアンスが強いカジュアル面談が採用(転職)シーンで定着してきたのです。

カジュアル面談の注意点

それでは、転職希望者としてカジュアル面談に臨む際の注意点を見ていきましょう。カジュアル面談を経て、いざ選考を希望した際に「企業から嫌われていた」「マイナスからのスタートになっていた」という笑えない話も実際に起きています。そんなことにならないように、しっかりポイントを押さえておきましょう。

頭を抱える.jpg

①「選考に影響しない」はウソ

お伝えしたように、カジュアル面談では合否のジャッジはされません。しかし、だからと言って、「まぁ話だけは聞いてやるよ」という不遜な態度で臨むのは言うまでもなくご法度です。これまでの経験や強み、転職理由、志望動機といったことは聞かれないかもしれませんが、企業は対話を通して、あなたの人となりや価値観、志向を把握し、「カルチャーフィットしそうな人か」「今後もリレーションを保っておきたい人か」という判断はしています。

企業や転職エージェントから「選考には影響しないので気軽に臨んでください」と言われたとしても、カジュアル面談で"悪い印象"を残してしまったら、その後の選考に影響しないはずがありません。そういう意味では、"カジュアル"という言葉に騙されず、「選考に向けた過程の一つ」であると心得ておくのが賢明です。

②"丸腰"で臨むのはNG

一般的にカジュアル面談は企業からの説明を受ける場という認識が強いですが、「会社説明会ではない」ということをしっかり認識しておきましょう。一通り話を聞いて、「はい分かりました、それではさようなら」とはいきません。あくまで目的は相互理解。転職希望者が企業のことを理解するのと同じように、企業もまた転職希望者のことを理解できなければ目的が成立しません。

面談までにできる限り企業についての情報を収集し、「なぜ面談に臨もうと思ったか」「どんな転職イメージ・キャリア観を持っているか」「何を直接聞きたいか」といったことはある程度端的に伝えられるように事前準備をしておきましょう。

③質問の意図を明確に

これは面接における"逆質問"の場面でも同じことが言えますが、質問をする際には、意図を明確にしましょう。例えば、「自分はこういうキャリアイメージを持っているのですが、御社にはどんなキャリアパスがありますか?」と質問すれば、企業からは「あなたのキャリアイメージを実現するための、こんなキャリアパスがあります」と、意図に沿った明確な返答が返ってくるでしょう。

ところが、「どんなキャリアパスがありますか?」とだけ質問すると、企業は「こんなのもあるし、こんなのもありますよ。あ、それからこんなのも・・・」と返答せざるを得ません。これでは会話が間延びしてしまったり、企業側に「何を知りたかったのだろう・・・ちゃんと響いたのかな・・・」と不安を残してしまう可能性もあります。質問をする際には、「なぜそれを知りたいのか」をセットで伝えることを意識しましょう。

まとめ

時代の流れとともに定着してきたカジュアル面談。「まだ転職するかどうか分からない」「応募するかどうか分からない」という状態で面談に臨む方も少なくないと思います。ただ、そんな場合でも、「転職すると決めたとき」「応募すると決めたとき」のことをきちんと見据えて、「この面談が良い転職やキャリアにつながるかもしれない」という思いを持って臨むことを強くお勧めします。

「転職は縁と運」なんて言われますが、あながち間違ってないなぁと感じることが増えてきた、キャリアコンサルタント12年目の春です。

この記事を書いた人

コンサルタント 
原田 昌和

バックナンバー

その他

2022.07.02

「決め手は2000本という言葉」秋山翔吾のカープ入団に見る交渉の在り方

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。最近の広島のトピックスといえばこれ一択でしょう! 秋山翔吾、カープ入団!! 本命・西武、対抗・ホークスと言われる中で、大穴・カープに入団してくれるなんて、、泣かせてくれるじゃありませんか! あらためて、ようこそカープへ!! (画像出典:週刊ベースボ

レジャー

2022.06.25

子ども歓喜不可避!親子で楽しめる広島の遊具付き屋外プール5選【2022年版】

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。今年も夏の足音がはっきり聞こえるようになってきましたね。 我が家には4人の娘がいるのですが、毎年夏になると、休日には早朝から「パパ~!プール行こ~!」と叩き起こされます。だいたいどんなプールでも行くと子どもたちは喜びますが、そんな中でもテンションが

企業

2022.06.17

広島が生んだ国内屈指のベッドメーカー、ドリームベッド。世界のトップブランドから信頼を獲得する理由とは?

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。先日、TBSで放送中の『がっちりマンデー!!』にて、弊社取引先のドリームベッド株式会社が取り上げられていました。 広島に縁がある方は同社をご存知の方も多いかもしれませんが、あらためて、番組で取り上げられた内容にも触れながら同社について紹介したいと思

企業

2022.06.09

広島の景況感を掴む-県内上場企業の決算状況まとめ(2022年1月~3月期)

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。私は普段、県外から広島へのU・Iターン転職を考える方と面談させて頂いていますが、相談者から「最近の広島の景気はどうですか?」と聞かれることがあります。 そんなときは主観的に感じるところをお伝えすることもありますし、企業の業績や業界動向にもとづいてお

その他

2022.06.02

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年4月、0.02ポイント回復の1.48倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年4月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年4月の広島県の求人倍率は「1.48倍」 前月、5ヶ月ぶりの低下を記録した広島県の有効求人倍率ですが、2022年

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る