地域情報ブログ

転職ノウハウ2022.10.21

大都市圏から広島へ。U・Iターン転職における「年収ダウン」との向き合い方

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。私は普段、広島県外からのU・Iターンを考える方の転職支援をしているのですが、特に東京など大都市圏にお住まいの方から、『広島だと年収が下がるのが心配だ』という声を多くお寄せ頂きます。

そこで今回は、「実際のところ、どれぐらい下がるのか?」、下がることを前提としたときに、「どう向き合うべきか?」という部分について掘り下げていきたいと思います。

<目次>
  1. 1. 東京から広島へ。年収はどれぐらい下がる?
  2. 2. 年収が下がると、生活水準が下がる?
  3. 3. 年収ダウンとの向き合い方
  4. └3-1. お金に代わって得られるもの(こと)を見据える
  5. └3-2. コストシミュレーションは具体的に行う
  6. └3-3. "先立つもの"を用意する
  7. 4. まとめ

目次1

東京から広島へ。年収はどれぐらい下がる?

まず一つデータをご紹介します。厚生労働省が発表している『令和3年賃金構造基本統計調査の概況(PDF)』によると、東京都の賃金を「364万2000円」としたときに、広島県の賃金は「290万9000円」で、約2割ほど低い水準となっています。

都道府県別賃金20221021.jpg

(出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査の概況」)

なお、この水準は全国で12番目に位置づけています。

私は10年以上にわたって広島へのU・Iターン転職を支援していますが、この「約2割減」というのは、肌感覚としても、過去の実績としても、実態に即した数字だと思います。

また、現年収が800万円を超えているような方だと、年齢やキャリアにもよりますが、「3割以上減」というケースも珍しくありませんので、付け加えておきます。

目次2

年収が下がると、生活水準が下がる?

「現年収から2割~3割下がる」と聞いて、「とてもじゃないけど検討できない」とおっしゃる方も少なくありません。ただ、ここで注意すべきは、「年収が下がる=生活水準が下がる」ではないということです。

広島県の物価指数を見ると、「全国平均を100」としたときに、総合指数「98.7(全国25位)」住宅物価指数「89.6(全国28位)」となっています。

他にも、交通・通信や教育、家具・家事用品など、10大費目中8費目が全国平均を下回っており、総じて広島は『物価が安い地域』と言えるのです。

それでいて、賃金相場は全国12位なのですから、年収を下げても、生活水準を保てるケースはまったく珍しいことではないのです。

(参照)

広島県の物価、人口流出多く全国平均以下 | 日本経済新聞
thumbnail
広島県は2021年の物価水準が総合指数(全国平均=100)で全国25位の98.7だった。10大費目中、住居や教養娯楽、家具・家事用品など8費目で全国平均を下回った。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC311BT0R30C22A8000000/

目次3

年収ダウンとの向き合い方

それでは、「U・Iターンによって年収が下がる」ということを前提としたときに、どう向き合い、何を行うべきでしょうか。

目次3-1

お金に代わって得られるもの(こと)を見据える


まず明確にするべきは、「何のためにU・Iターンするのか」ということです。かいつまんで言えば、「年収は下がるけど、これを得られると考えると大きなプラスだ」というもの(こと)がどれだけあるかがポイントになります。

生活環境や育児・教育環境、ワークライフバランス、ライフプランの実現可能性、地域への貢献性など、人によってU・Iターンを考える背景は様々ですが、広島にU・Iターンすることの価値が大きければ大きいほど、「年収を下げてU・Iターン」という決断がしやすくなります。

目次3-2

コストシミュレーションは具体的に行う


誰しもコストシミュレーションは行うと思いますが、意外と"ざっくり"考えている方も少なくありません。

例えば、家賃を例に考えてみましょう。

現年収(支給額)が700万円だとすると、手取りは約520万円。そのうち、東京で毎月12万円を家賃に充てているとすると、1年間で144万円。手取りのうち約28%を占めています。

そこから、年収を2割下げて広島にU・Iターンしたとしましょう。支給額は約560万円で、手取りは約430万円となります。そこから同じ割合(約28%)で家賃を捻出すると、年間120万円、つまり月の家賃に10万円充てる計算になります。

場所にもよりますが、広島で家賃を10万円出せば、十分それなりのところに住むことができます。もしそこから1万円でも2万円でも下げることができれば、さらに楽になることでしょう。

年収の額面が下がることのインパクトだけに引っ張られず、広島での生活コストをできるだけ具体的に、精緻にシミュレーションしていくことが重要です。

目次3-3

"先立つもの"を用意する


年収が下がることで負担が大きくなるのが住民税。現在の給与に関係なく、前年の所得に応じて発生するため注意が必要です。

また、転居に伴う費用(敷金・礼金、引越し業者の費用など)も必要経費としてあらかじめ織り込んでおく必要があります。

さらに、入社した初年度は賞与が満額支給されないケースがほとんどですので、実際の収入としては提示額よりもさらに下がることも見越しておくのが定石です。

このように、"先立つもの"をあらかじめ計算し、貯めておくことも場合によっては重要になるかもしれません。

目次4

まとめ

東京から広島へU・Iターンすると、(残念ながら)年収は下がるケースがほとんどです。しかし、だからと言ってU・Iターンを諦めるというのは尚早です。

考えるべきことを考え、行うべきことを行えば、良い未来が待っている可能性は十分にありますし、実際、これまでご支援させて頂いた多くの方々がそれを証明しています。

お金に関しては不安がつきもの。だからこそ、不安を解消するための"正しい転職活動"が必要だと考えます。

この記事を書いた人

コンサルタント 
原田 昌和

バックナンバー

その他

2022.12.02

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年10月、前月比横ばいの1.64倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年10月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年10月の広島県の求人倍率は「1.64倍」 直近4ヶ月連続で上昇を続けていた広島県の有効求人倍率ですが、202

グルメ

2022.11.26

王道から変わり種まで!広島が誇る「お好みソース」6選

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。本日、2022年11月26日、我らが広島の誇る有名企業、オタフクソース株式会社が創業100周年を迎えました。 <参考> オタフクソース100周年 記念サイト https://www.otafuku.co.jp/100th/ オタフクソースといえば、

レジャー

2022.11.13

見事な紅葉に多島美の絶景~野呂山(呉市)で楽しむのんびりキャンプ!

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。会社のメンバーと定期開催しているキャンプですが、今回は広島県呉市の野呂山で楽しんできましたので、その様子を少しご紹介します! 呉と言えば絶対に外せない「呉龍」からスタート! 昨年のこの時期に野呂山キャンプに行った際にもご紹介したのが呉龍の冷麺(参考

その他

2022.11.01

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年9月、4ヶ月連続上昇の1.64倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年9月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年9月の広島県の求人倍率は「1.64倍」 直近3ヶ月連続で上昇を続け、先月には2020年4月以来の1.6倍台に乗

イベント

2022.10.06

ひろしまIT総合展2022~広島のIT産業の「いま」が分かる西日本最大級のIT展示会が3年ぶりに開催

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。だいぶ秋らしい気候となり、活動しやすくなってきた今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 今回はイベント情報として、『ひろしまIT総合展2022』をご紹介したいと思います。 ひろしまIT総合展とは? ひろしまIT総合展は、ITによる地域経済の活性化

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る