リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア広島で転職した方々に体験談をお聞きしました。

自分一人では出会えなかった、地元広島で人事経験を活かせる仕事。

ドリームベッド株式会社
坂本航平さん(仮名・総務) 30歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで41日間

前職では、もともと広島勤務だったが、東京の総務人事課へ異動となり、奥様とともに東京で暮らしていた坂本さん。人事としての経験を重ね、マネジメントも担うなど、会社や仕事に対して大きな不満はなかったというが、夫婦ともに地元の広島で暮らしたいという思いが大きくなっていったという。Uターン転職を目指し、動き始めた当初は「受け身の活動」だったと振り返る坂本さんだが、コンサルタントに背中を押され、転職活動が具体的に動きだした。現在は広島本社勤務で転勤がなく、人事の経験を活かせるドリームベッド株式会社で活躍している坂本さんの転職ストーリーを紹介しよう。(※本記事の内容は、2022年6月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
小売(青果専門店)
職種
人事
業務内容
給与業務や社会保険手続き、年末調整、新卒採用業務など

転職後

業種
ベッド・リビングソファ・インテリア用品メーカー
職種
総務(採用業務)
業務内容
新卒・中途採用の主担当として採用業務全般

夫婦ともに「広島で暮らしたい」という思いが大きくなっていった

現在のお仕事はどんな内容ですか?

ベッドやソファ、インテリア用品の開発・製造、販売を行うドリームベッド株式会社の総務部に所属し、新卒・中途採用の主担当として採用業務全般に携わっています。新卒採用では母集団形成から自社説明会の運営、一次面接までを担当しており、正に今(2022年春)は2023年卒の選考のピークです。中途採用では各部門からあがってきた募集情報を纏め、窓口として紹介会社とやりとりをしています。

入社前のご経歴を教えてください。

大学卒業後、青果専門店を店舗展開する大手外食チェーンのグループ企業に就職しました。学生時代にスーパーでアルバイトをした経験から、小売業界で働きたいと思っていました。前職は、売場づくりや売値まで状況に応じて店舗で決めることができ、その自由度やライブ感に惹かれて就職を決めました。

もともとは店舗勤務希望だったんです。実際に入社後は広島県内の店舗に配属となり、やりがいも感じていましたが、本社総務人事課で欠員が出たため異動となりました。異動後は、給与業務や社会保険手続き、年末調整、新卒採用業務などを担当し、メンバー5名のマネジメントも行っていました。

転職のきっかけは?

広島にUターンしたいという妻の意向が強くなったのがきっかけです。もともとは広島県内の店舗で働いていましたが、人事課への異動で東京へ転居しました。結婚前は妻も広島で働いていたのですが、結婚のタイミングで東京へ呼び寄せました。会社や仕事に不満があったわけではないものの、妻も私も地元が広島ですし、将来のことを考えると広島で暮らすのがベストだと私自身も思っていましたので、Uターン転職活動を行うことにしました。

転職活動はどのように進めましたか?

正直なことを言うと、転職活動を開始した当初はあまり積極的ではなく、受け身の活動でした。と言うのも、活動当初は大手の求人サイトや大手紹介会社に登録をして自分の希望に沿う求人を探していましたが、広島本社勤務で転勤がなく、人事の経験を活かせる求人がありませんでした。私の経験が足りなかったのかもしれませんが、登録後、希望にマッチする求人の紹介もなく時間だけが経過していきました。

先ほどお話ししたように、私自身は前職に不満があったわけではないこともあり、受け身になっていました。さすがにこのままでは難しいと感じ、調べて辿り着いたのがリージョナルキャリア広島でした。

リージョナルキャリア広島は広島本社企業に特化している印象で、『広島で管理部門経験を活かしたい人』に向けた相談会を開催していたのでエントリーしました。エントリー後に担当の瀬川さんからすぐに連絡があり、オンライン面談をして、ドリームベッドをご紹介いただきました。

コンサルタントに背中を押され、転職活動がテンポよく動き出した

今の会社に決めたポイントは?

まず、希望であった広島本社勤務で転勤がなく、人事の経験を活かせるという点。それと面接で話した社員の気さくな人柄がとても好印象で、人間関係も良い職場だと感じました。一緒に働く人たちとの相性は大事だと思っていましたので、その点が決め手となりました。

転職して良かったと思うことは?

思っていた通り人間関係がとても良く、働きやすい職場です。入社して少し経った時に社長が「どうだ、慣れたか?」と声を掛けてくれて、社長が自分のことを気にかけてくれているというのが嬉しかったですね。

また、仕事の面では、ドリームベッドは縛られないと言いますか、仕事を任せてくれてくれる会社です。中途入社した私がいきなりメインの採用担当を任されるぐらいですからね(笑)。社歴や年齢など関係なく自分がやりたいことを実践できる職場で、その分責任も感じますがそれ以上にやりがいを感じています。

生活面の変化はありましたか?

通勤時間が短くなったことで、朝晩、妻と過ごせる時間が増えました。前職は事務所が港区で周辺は家賃が高いため、離れたところに住んでおり、通勤時間は片道1時間20分程度かかっていました。それが今は片道30分になりました。夕食はもちろんですが、朝食をゆっくり落ち着いて食べられるのはとても嬉しいですね。また、今はまだ納車待ちですが、車も購入したので、納車されたら妻といろんなところに出掛けたいなと思っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

もしかしたら、活動当初の私と同じように受け身で活動している人もいるかもしれませんが、そのような方は信頼できるコンサルタントにサポートしてもらうことをおすすめします。小まめに連絡をいただけたので、背中を押されたと言いますか、テンポよく転職活動を進められたと思います。また、面接対策や面接後のフォローなど、画一的な対応ではなく、「採用内定を獲得するために一緒に活動をしてくれている」という印象がとても心強く、本当にありがたかったです。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
瀬川 泰明

「小まめに連絡をいただき」とご評価を頂きましたが、坂本さんのご対応・ご返信は非常にスピーディーでしたので、私自身もサポートしやすかったという印象があります。また、転職活動全般や会社選びをする上での留意点、面接トレーニングなど、様々なアドバイスをさせていただきましたが、いつも真正面から素直に受け止め、学んで自分のものにしようとする姿勢がとても印象的でした。一次面接では途中ネットワークトラブルで、オンライン面接から電話面接に変更となりましたが、何も影響はなくドリームベッド社は坂本さんの素直なお人柄に好印象をお持ちで、採用内定となりました。ドリームベッド社では採用業務のメイン担当ですので、坂本さんとはこれからも小まめにやりとりをさせていただき、お役に立てればと思います。坂本さん、今後ともよろしくお願いします!

関連情報

求人情報

TOPインタビュー

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る