リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア広島で転職した方々に体験談をお聞きしました。

広島から社会課題の解決に挑む。転職の軸を明確にすることで、地方でもキャリアの可能性は広がる。

株式会社データホライゾン
高橋耕平さん(仮名・データ分析) 32歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで24日間

プラントエンジニアリング会社で活躍していた高橋耕平さんは、結婚を機にパートナーの地元である広島への移住を決断した。高橋さんが一貫して望んでいたのは"社会貢献性の高い"仕事に携われること。その結果、転職先として選択したのは自社開発の医療データベースとシステムを活用し、医療分野が直面している社会課題の解決に挑む企業だった。一見、まったく異なる業界への転職だが、高橋さんは転職を決断するにあたって迷いはなかったという。「前職の経験を活かせている業務も少なくない」と話し、新天地で新たなキャリアを切り拓いている高橋さんの転職体験談をうかがった。(※本記事の内容は、2020年5月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
プラントエンジニアリング
職種
営業、営業管理
業務内容
プラント保守・修繕事業の収益管理、社内ルールの構築・周知といったバックヤード業務

転職後

業種
IT
職種
分析
業務内容
レセプト(診療報酬明細)のデータベース化、医療費の集計及び分析結果の作成、納品など

結婚を機に広島移住を決断。地方でも求めたのは“社会に貢献できる”仕事。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

株式会社データホライゾンは、診療行為や服薬情報など様々な医療情報が記載されたレセプト(診療報酬明細書)を保健事業に活用するためのデータ分析技術を開発し、特許を取得している企業です。また、レセプトデータ分析に欠かせない、約10万件の傷病・診療行為辞書データベースや、約400万件の傷病・診療行為・医薬品チェックデータベースを保有しています。これらの技術・データベースを活用して、多くの自治体に「データヘルス関連サービス」「ジェネリック医薬品通知サービス」「糖尿病性腎症重症化予防サービス」といった保健事業を支援するサービスを提供しています。そこで私は分析係としてレセプトや健診データを分析し、自治体や企業の保険組合に対して医療費の適正化を効率的・効果的に測るための統計データの提供や施策(保健事業)の効果を測定・報告する仕事をしています。どのような施策を行えば短期的な医療費の削減や中長期的な医療費の抑制ができるのか、データ分析により明らかにしていく仕事です。例えば、わかりやすいところで言いますと、“「健康診断で数値が悪いにも関わらずメタボ健診に行っていない被保険者様」がどれくらいいて、健診に行くように促すことで、その結果健診に行ったのか、健診に行った結果、数値が改善したのか”といったように、施策を打ったあとの医療費削減、被保険者様の健康状態改善度などの分析・効果測定も行っています。

入社前のご経歴を教えてください。

公共水インフラの設計・建設から施設の運転管理までを一貫して手掛ける企業に新卒入社して、6年間は営業職として自治体や民間企業に対して提案・受注活動を行っていました。その後、本社の営業管理部門に異動して約2年間、プラント保守・修繕事業の収益管理、社内ルールの構築・周知といったバックヤード業務に携わっていました。

転職のきっかけは?

結婚です。広島在住のパートナーと結婚するにあたって二人で話し合った結果、今後は広島をベースに生活をしていこうと決めました。私自身は広島が地元ではないのですが、前職の営業職の時に広島配属となり生活もしていましたし、住みやすく私自身も広島をとても気に入っていました。そのため、どこで生活するかについてはスムーズに決まり、あとは転職先を決めるのみ、という感じでした。

転職活動はどのように進めましたか?

在職中で東京勤務だったこともあり、自分ひとりで転職活動を行うのは難しいと当初から感じていました。そのため、まず大手のエージェントに登録をしました。まず大手を選んだのは、やはりブランドイメージと言いますか、安心感です。また大手だけに色々な情報を持っているのではないか、という期待感もありました。一方で、“広島”という地域に密着してやっているエージェントからも情報を得たいと思っていましたので、色々と情報収集をする中でリージョナルキャリアにたどり着きました。大手エージェントは思っていた通り、情報量は多かったのですが、全国展開している企業の広島営業所や拠点の営業職の情報が多かった印象です。それが悪いということはないのですが、拠点での営業職募集の多くは数年後に転勤の可能性があるもので、そうなると自分たちが実現したいと思っている生活イメージとは異なってしまいます。また、良くも悪くもシステマチックと言いますか、そのシステムに乗っかってしまえばある意味では安心なのですが、オーダーメイド感は無いように感じました。逆にリージョナルキャリアのコンサルタントは、東京の転職相談会でお会いし、私の経験や希望などをしっかりとヒアリングしてくれました。紹介いただいた求人数自体は多くはなかったのですが、私に合った1社を提案いただけたと感じています。

今の会社に決めたポイントは?

前職を決めた時もそうなのですが、自分自身が“社会貢献性が高い”と感じられる事業に携わりたいと思っていました。日本の医療費の増大や、人生100年時代と言われる中で健康寿命をどう延ばしていくのか、など重大な問題だという意識がありました。そのため、その解決に向けて一つの手段を提供しているデータホライゾンという会社にとても興味を持ちました。また、前職での自治体営業の経験が活かせると思った点もあります。今は分析の仕事に携わっていますが、前職でのプロポーザル案件で経験した企画立案や文章作成の経験が活かされていますし、営業管理時代には受注・売上・利益等のデータを分析し、年度末の着地予測の作成も行っていましたので、数値の取扱いや分析、考察を書くことなども前職での経験が活きていると感じます。

“キャリア”は与えられるものではなくて、自分自身で切り拓くもの。

転職していかがですか?

今はまだいちスタッフですので、早く一人前になって会社のみんなに認めてもらえる存在になりたいです。日々のコミュニケーションであったり、仕事への取組み姿勢などもあるでしょうが、やはり一番は仕事で成果を出す、周囲の期待に応えることだと思うので、早くそうなれるように頑張りたいです。

転職して良かったと思うことは?

一緒に働く仲間や職場の雰囲気がとても良いです。ちょっと今どきの言い方をすると心理的な安全性が高いと言いますか、心穏やかな方が多くて、ギスギスした雰囲気はありません。仕事で納期はありますので、それがタイトでヒリヒリすることはありますが、早く進めるにはどうしたらいいかなど、より仕事がうまくいくために建設的な意見を出しあってみんな前向きに取り組んでいます。私たちの事業は様々な部署が連携して成立するものですので、一体感のあるこの雰囲気はとてもいいと思います。それと、これは会社のこととは異なるのですが、今回初めて転職をしてみて、キャリアという言葉はよく目にしたり耳にしたりしますが、正直なところあまり深く考えたことがありませんでした。でも、とても大事なことで、“キャリア”は与えられるものではなくて自分自身が切り拓いてつくっていかないといけないんだなと感じました。流れに身を任せるのではなく、自分がどうしたいか、どうなりたいかをしっかり持って、自分のキャリアを自分でデザインしていく。それがとても大事なことだと転職活動を通じて感じられましたし、それを考え続けることは豊かな人生に繋がっていくように思いました。

生活面の変化はありましたか?

結婚して夫婦一緒に暮らしていますので、ある意味、仕事よりも慣れないところはありますが(笑)、楽しみながら生活しています。これはプライベートではないですが、通勤のストレスも減りましたし、時間や心にゆとりができた感じがします。東京にいるときは、毎朝、川崎から品川へ出ていましたが、品川駅では自分のペースで歩くこともできませんし、周りをみながら「よくみんなやってるなぁ~」と思っていましたから(笑)。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

キャリアの話ともつながりますが、転職によって何を実現したいのか、自分は何がしたいのか明らかにすることが大切だと思います。そこを明確にして活動をしないと途中で迷いが生じたり、その結果、転職を繰り返すようなことになってしまうかもしれません。例えば、東京のようにものすごい量の求人情報があり、何を実現したいのか、何がしたいのかを明らかにする前に、大量の情報を先に浴びてしまうと、自分のことは置いておいて、より良いものを物色するような手段が目的化することになりかねないと思います。地方の場合は良くも悪くも求人情報も少ないため、その意味では自分と向き合いやすいかもしれません。地方の場合、それを明確にしてもそれに見合った求人が無いのではという懸念もありますが、まず軸を明確にし、そこから実情に合わせて柔軟に考えていくことが大切なのではないでしょうか。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
瀬川 泰明

高橋さんとは東京相談会でお会いしました。中学高校とブラスバンド部、大学ではジャズ研究会で活動されていたということで、相談会のスタートはジャズの話で盛り上がりました(笑)。高橋さんがアドバイスの中で“転職によって何を実現したいのか”“軸を明確にしてから”と仰っていますが、相談会でもこの点について話をしました。その中で、高橋さんは“社会問題の解決”“社会貢献”を重視し、「持続可能な社会への価値提供をしたい」と仰っていました。前職に就職を決めたのも水インフラ基盤の老朽化が深刻な社会問題になっていることに問題意識を感じたからです。もちろんこの点以外にも転職をする上での希望はありますが、“社会問題の解決”は高橋さんにとっては外せないポイントであるということを理解しました。それもあって、データホライゾン社への入社意志決定はスピーディーでした。

関連情報

求人情報

TOPインタビュー

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る