転職成功者インタビュー

大塚メカトロニクス株式会社
野村博樹さん(仮名・機械設計) 31歳

何もしないうちからあきらめるのは、もったいない。動けば、出会いはある。

野村さんは、東京から広島への転職に成功したリージョナルヒーローである。広島の大学院を修了後、地元の機械メーカーに就職、設計エンジニアとなった。だが28歳のときに最初の転機が訪れる。会社が同業他社と合併。本社も設計部門も東京へ移ることになったのだ。「地元を離れたくない」という妻を説得して上京。東京で好きな仕事に没頭するのは楽しかった。だがその一方で、身寄りがいない大都会で幼い2人の子どもを育てる妻の苦労も、痛いほど感じていた。3年の東京生活の後、広島へのUターン転職を決断した。「広島へ帰ったことで、家族が落ち着いた」と喜ぶ野村さん。自身も、全くの異業種ながら、希望していた機械設計の職を得た。「地方に仕事はない、と言われますよね。確かに選択肢は限られている。でも、その中からベターなものを選び、ベストだったと思えるように努力すれば良いのではないでしょうか」と野村さんは、自らの経験を踏まえたアドバイスをくれた。(※本記事の内容は、2015年1月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで45日間

転職前

業種
機械メーカー
職種
機械設計
業務内容
小型農業機械の設計

転職後

業種
機械メーカー
職種
機械設計
業務内容
車両検査装置の設計

3年間、東京で暮らしても変わらなかった、妻の思い。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

広島に本社がある装置メーカーで機械設計に携わっています。国内外の自動車工場や車検場に、ヘッドライトテスターなど、さまざまな検査システムを供給している会社です。社員は30名ほどですが、ソフトからハードまで、すべて自社で設計できるのが強みです。そんな中で私は、自動車の衝突安全システムに欠かせないレーダーやカメラ校正機、傷検査装置などの設計を任されています。

入社前のご経歴を教えてください。

広島の大学院を修了後、地元の機械メーカーに就職して、商品の設計業務に携わっていました。ところが3年ほど働いたときに、同業他社と合併することになり、本社が東京に移ったのです。そこで私も東京への異動が決まり、その後は、本社にて新商品の実験や評価業務に携わっていました。

転職のきっかけは?

やはり東京への異動です。会社が合併する際、私自身は「東京へ行って仕事がしたい!」という気持ちを強く持っていました。本社だけでなく、設計のメインも東京に移るということでしたから。どうせやるのなら、会社のメインストリームの中で仕事をやっていきたいという気持ちがありました。しかし、妻は、広島に残りたいという気持ちが強かったのです。妻も広島出身で、仕事も持っていましたしね。しかもその時は、第1子が産まれたばかり、育児休暇取得中に合併の話が出たのです。なんとか説得して、東京へ着いてきてもらいました。そのときに、「3年を区切りにしよう」という話をしました。「東京で3年暮らしてみて、それでも広島に帰りたいという気持ちが強かったら、広島へ帰ろう」と。

東京での生活はいかがでしたか?

仕事は充実していました。色々な人がいて、新しい勉強もできましたし。しかし、妻は苦労したようです。頼れる人が誰もいない中での子育ては大変だったと思います。東京でもう1人、子どもが産まれましたしね。「広島に帰りたい」と、頻繁に言っていました。また、東京での生活が3年半を経過した頃、妻が「職場復帰したい」と言うようになりました。それが行動を起こす直接のきっかけになりましたね。私もちょうど、1機種の開発を終わらせたところでしたし、「帰るなら、今かな」と思いました。妻には3年間がんばってもらったので、今度は私ががんばる番だろう、と。

転職活動はどのように進めましたか?

まず、転職経験のある学生時代の友人と、会社の合併時に転職された先輩方から、経験談を聞かせてもらいました。その経験談から、大手人材紹介会社と地域特化型の人材紹介会社の2つに登録した方がいいと言われ、大手エージェントとリージョナルキャリア広島に登録して転職活動を進めました。大手では、職務経歴書や履歴書のまとめ方にアドバイスをいただき、参考になりました。リージョナルキャリア広島には、地元に特化しているからこそある求人案件を紹介していただきました。

入社を決めたポイントは?

実は大手エージェントからの紹介で先に内定をいただいた会社があり、そちらの方が妻の職場にも近く、便利でした。会社の規模も大きかったですし。しかし最終的には、やりがいで決めました。今の会社の方が小さい分、製品全体に関われそうですし、自分のがんばりで会社を大きくすることができそうだな、と感じたことが大きな決め手でした。また中途入社の方が多く、自分にとっても仕事がしやすそうな環境だと思いました。

ベストではなくても、ベターなものを選べばいい。ベストにしていくのは、自分自身。

転職していかがですか?

とても働きやすいです。上司も先輩もいい方ばかりで、昼の休憩では一緒にサッカーをしています。仕事は、機械設計という大きな括りで見れば、基本的なことは変わらないですね。もちろん、長年やっていないとわからないような製品特有のノウハウもありますので、大変な部分はあります。上司と同じ年齢になったときに、同じ技量が身についているのかな、と不安になることもあります。ただ、自分の仕事の幅は広がりました。電気系などの新しい知識も身につきますし、現場のことも知らないといけないということで、取引先の工場へ装置の据え付けに行くこともあります。この1年間で、全国各地はもちろん、中国、メキシコにも出張に行きました。今までにない経験ができて、楽しいですね。

困っていることや課題はありますか?

仕事面では課題は多いですね。今までは手持ち機械しか設計したことがなく、電気系の部品があまり多くなかったのですが、今は製品の規模も大きいですし、配線関係にも気を使わなくてはなりません。電気の知識はもっと必要です。またそういった機械の設置もこれまでやったことがなかったので、なかなか難しいですね。実際に設置する人へ指示を出さないといけないので大変です。頻繁に練習できるわけでもないので1回1回の反省をきっちり行い、数少ない経験の中から、設置の技術を向上させていかなくてはならないと思っています。あとは基本設計を自分が固めて、いろいろな展開ができるような、多くのお客様に必要とされる装置を作っていくことが今後の課題だと思っています。

生活面の変化はありましたか?

広島はやっぱり落ち着きますね。安心するというか。お好み焼きも美味しいし、カープの中継もたくさんあるし(笑)。東京に行ってから余計にカープのファンになっていました。最近では子どももカープの歌が歌えるようになりました。それから、帰宅時間が早くなりました。以前は会社を出るのが毎日、夜の9時、10時でしたが、今は平均で夕方の6時、7時には帰宅することがでます。妻からのグチもなくなり(笑)、家族が落ち着いたように感じます。また、お互いの両親にも孫を会わせやすくなりました。東京にいた頃は年に1回帰れるかどうかだったので。子どもにとっても、面倒を見てくれる人が多いほうがいいように感じています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

「地方には仕事がない」という声をよく聞きますが、何もしないうちからあきらめてしまうことが、一番もったいないと思います。私の場合も転職にかけられる期間が限られており、多くの企業を見ることはできませんでした。しかし、その中で良い選択をすることができたと思っています。限られた選択肢の中にベストなものはなくても、ベターなものを選び、選んだ後の努力で「ベストだった」と思えるようにしていけばよいのではないでしょうか。私も全く知らなかった業界と会社で働いていますが、楽しく働けていますからね。活動をしてみたら、出会いはあるなというのが、私の実感です。ただ、ベターなものを選ぶためには、優先順位をしっかり考えておくことも必要でしょうね。家族の理解も重要ですので、自分の考えや転職活動の経過をしっかり伝えることも大事だと思います。

担当コンサルタントから

コンサルタント 
原田 昌和

東京で暮らしながら、東証一部上場メーカーで設計業務を担当していた野村さん。地元広島へUターンしたいとのことで、エントリー頂きました。Uターン後のキャリアイメージをお聞きすると、『モノづくり全体に広く携わっていきたい』との力強いお言葉。そこで、その希望にマッチする中央電子計測社をご紹介させて頂きました。前職の上場メーカーと比べると規模感には差がありましたが、その分一人あたりのレバレッジが大きく、早期に広く経験を積める環境であるため、野村さんのキャリアイメージに最も近い会社として、自信を持ってお勧めさせて頂きました。面接や工場見学の際にはそれを実感頂くこともでき、ご入社を決めて頂きました。誠実な人柄が際立つ野村さん。ご自身の志向やキャリアイメージに真摯に向き合い、ブレることなく転職活動を進めたことが今回の結果に繋がったのではと感じています。

関連情報

求人情報

TOPインタビュー

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る