地域情報ブログ

その他2022.04.28

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年3月、5ヶ月ぶり低下の1.46倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年3月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。

グラフ.jpg

2022年3月の広島県の求人倍率は「1.46倍」

4ヶ月連続で上昇が続いていた広島県の有効求人倍率ですが、2022年3月は5ヶ月ぶりに低下し『1.46倍』となりました。

有効求人倍率とは-
厚生労働省が発表する統計値の一つで、「求職者1人に対して、企業などから何件の求人があるか」を示します。有効求人倍率が1倍を上回ると求職者よりも求人数の方が多い(企業にとって人手が不足している)状況で、逆に1倍を下回ると求人数より求職者数が多い(求職者にとって仕事探しが難しい)状況となります。

有効求職者数が45,140人と0.6%減少(3ヶ月連続の減少)したのに対し、有効求人数が66,069人と1.4%減少(13ヶ月ぶりの減少)したことから、倍率としては低下する結果となりました。

有効求人倍率の推移(全国・中国5県)2022年3月.png
(2021年1月以降(太字)は季節調整値を計上し、数値を改定しています)

主な産業の新規求人動向(対前年度比)

参照-広島労働局 雇用失業情勢

<増加>
製造(+34.1%)、サービス(+34.1%)、学術研究・専門技術サービス(+15.4%)、情報通信(+15.3%)、卸売・小売(+14.4%)、医療・福祉(+8.0%)、教育・学習支援(+3.9%)、建設(+1.4%)、運輸・郵便(+1.4%)

<減少>
生活関連サービス・娯楽(-30.0%)、宿泊・飲食サービス(-16.9%)

広島労働局は、『3月上旬まで適用されていた「まん延防止等重点措置」の影響で人の移動が限られ、宿泊業などを中心に減少傾向となった。一方で、自動車関連の輸送用機械などを中心に堅調に推移しており、改善傾向にある』としています。今後も引き続き変化を注視していきたいと思います。

(参考)過去の求人倍率

2022年2月(1.47倍)
2022年1月(1.42倍)
2021年12月(1.37倍)
2021年11月(1.37倍)
2021年10月(1.35倍)
2021年9月(1.38倍)
2021年8月(1.38倍)
2021年7月(1.36倍)
2021年6月(1.36倍)
2021年5月(1.34倍)
2021年4月(1.31倍)
2021年3月(1.25倍)
2021年2月(1.21倍)

この記事を書いた人

チーフコンサルタント 
原田 昌和

バックナンバー

企業

2023.02.12

広島の景況感に影響も。今さら聞けない「広島の自動車業界」基本のキ

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。今回は広島県の主要産業の一つである「ものづくり(製造業)」の中で、自動車業界について掘り下げてみたいと思います。 広島の「ものづくり」を牽引する自動車産業 総務省・経済産業省発表の「令和3年経済センサス」によると、広島県の【製造品出荷額等】は約8兆

その他

2023.02.05

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年12月、3ヶ月ぶり上昇の1.65倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年12月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年12月の広島県の求人倍率は「1.65倍」 2022年9月まで上昇を続け、10月は横ばい、11月は8ヶ月ぶりの

その他

2023.01.27

広島のホットな情報がここに!2022年下半期の人気記事ランキング・ベスト3

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。今回は、2022年6月~12月に公開した記事で、よく読まれた記事を3つご紹介します。 まだチェックしていない記事があれば、ぜひご覧ください! 第3位:広島市をモビリティ・エンターテイメントの聖地に。アジア圏随一を目指す「ひろしまモビリティワールド」

企業

2023.01.14

広島本社の上場企業、上位10社の平均年収は「728万円」。1位はランキング唯一の1000万円超え、半導体関連装置製造のローツェ株式会社(福山市)

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。先日、毎年恒例の『年収が高い会社ランキング』最新版がダイヤモンド社より発表されました。 46社の上場企業を擁する我らが広島県からは、TOP100に39社がランクイン。上位10社の平均年収は「728万円」という結果になりました。 年収が高い会社ランキ

その他

2023.01.08

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年11月、8ヶ月ぶり低下の1.62倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。本年もどうぞよろしくお願い致します。 毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年11月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年11月の広島県の求人倍率は「1.62倍」 直近4ヶ月連続で上昇を続けて

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る