産直ブログ

地域情報

その他2022.08.04

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年6月、2年ぶり高水準の1.52倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年6月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。

グラフ.jpg

2022年6月の広島県の求人倍率は「1.52倍」

2020年12月に底打ちして以降、徐々に回復を続けてきた広島県の有効求人倍率ですが、2022年6月は2年ぶりに1.5倍を超え、前月比0.04ポイント増の『1.52倍』となりました。

有効求人倍率とは-
厚生労働省が発表する統計値の一つで、「求職者1人に対して、企業などから何件の求人があるか」を示します。有効求人倍率が1倍を上回ると求職者よりも求人数の方が多い(企業にとって人手が不足している)状況で、逆に1倍を下回ると求人数より求職者数が多い(求職者にとって仕事探しが難しい)状況となります。

有効求職者数が45,649人と0.1%増加(2ヶ月連続の増加)したのに対し、有効求人数が69,420人と2.9%増加(3ヶ月連続の増加)したことから、倍率としては上昇する結果になっています。

有効求人倍率の推移(全国・中国5県)2022年6月.png
(2021年1月以降(太字)は季節調整値を計上し、数値を改定しています)

主な産業の新規求人動向(対前年度比)

参照-広島労働局 雇用失業情勢

<増加>
サービス(+54.7%)、製造(+30.6%)、宿泊・飲食サービス(+17.8%)、学術研究・専門技術サービス(+16.7%)、運輸・郵便(+13.5%)、卸売・小売(+11.2%)、医療・福祉(+10.7%)、教育・学習支援(+10.1%)、情報通信(+3.3%)

<減少>
生活関連サービス・娯楽(-15.9%)、建設(-6.2%)

広島労働局は、『コロナからの回復基調の中、企業側に人材確保の動きが出ている』としています。今後も引き続き変化を注視していきたいと思います。

(参考)過去の求人倍率

2022年5月(1.48倍)
2022年4月(1.48倍)
2022年3月(1.46倍)
2022年2月(1.47倍)
2022年1月(1.42倍)
2021年12月(1.37倍)
2021年11月(1.37倍)
2021年10月(1.35倍)
2021年9月(1.38倍)
2021年8月(1.38倍)
2021年7月(1.36倍)
2021年6月(1.36倍)
2021年5月(1.34倍)
2021年4月(1.31倍)
2021年3月(1.25倍)
2021年2月(1.21倍)

この記事を書いた人

コンサルタント 
原田 昌和

バックナンバー

その他

2022.08.18

2022年上半期の人気記事ランキング・ベスト5

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。お盆休みも明け、いよいよ今年も後半戦。さぁ頑張るぞ!と意気込んでいたら、まさかのコロナ感染、、、熱は下がりましたが、まだ後遺症の残る身体でお届けしております(苦笑) 幸い重症化はせずに済みましたが、やはりしんどいものですね。皆さまもどうぞお気を付け

転職ノウハウ

2022.07.29

「いつかは広島へ」と中長期でU・Iターン転職を考える人が本当に知るべきこと

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎日暑い日が続きますね。 間もなく迎えるお盆休み。コロナの状況を気にしつつも、そろそろ帰省の計画を立てているという方も多いかもしれません。 私たちは日々、広島へのU・Iターン転職を考える方のご相談(エントリー)を受けていますが、毎年夏になると、「い

転職ノウハウ

2022.07.24

なぜ年収が上がらない?意外と見落としがちな「年収を決定づける要因」とは

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。昨日の日経新聞に出ていた「東京エレクトロン、夏の賞与300万円超に」の記事。さすが半導体の世界はすごいことになっていますね。 同社に限らず、半導体業界は"バブル状態"で、どんどん年収水準が上がっています。他にも、金融や総合商社など、「年収が高い業界

転職ノウハウ

2022.07.16

「DAO(分散型自律組織)」が変えるキャリア観-自ら選択し、参加する時代へ

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。先日、『テクノロジーが予測する未来』という本を読みました。 多くのIT関連企業を起業し、日本人で初めてマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの所長を務めた伊藤穰一氏の著書である本書は、盛り上がりを見せる「Web3」「メタバース」「NFT」と

その他

2022.07.06

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年5月、前月横ばいの1.48倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年5月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年5月の広島県の求人倍率は「1.48倍」 2021年12月に1.4倍を超えて以降、上昇トレンドが続く広島県の有効

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る