地域情報ブログ

その他2022.10.01

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年8月、3ヶ月連続上昇の1.60倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年8月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。

グラフ.jpg

2022年8月の広島県の求人倍率は「1.60倍」

有効求人数の増加に伴い、上昇を続けている広島県の有効求人倍率ですが、2022年8月は前月よりさらに0.04ポイント増加し、『1.60倍』となりました。

有効求人倍率とは-
厚生労働省が発表する統計値の一つで、「求職者1人に対して、企業などから何件の求人があるか」を示します。有効求人倍率が1倍を上回ると求職者よりも求人数の方が多い(企業にとって人手が不足している)状況で、逆に1倍を下回ると求人数より求職者数が多い(求職者にとって仕事探しが難しい)状況となります。

有効求職者数が44,360人と1.9%減少(2ヶ月連続の減少)したのに対し、有効求人数が70,821人と0.5%増加(5ヶ月連続の増加)したことから、倍率としては上昇する結果になっています。

有効求人倍率の推移(全国・中国5県)2022年8月.png
(2021年1月以降(太字)は季節調整値を計上し、数値を改定しています)

主な産業の新規求人動向(対前年度比)

参照-広島労働局 雇用失業情勢

<増加>
生活関連サービス・娯楽(+35.3%)、サービス(+30.6%)、宿泊・飲食サービス(+28.7%)、学術研究・専門技術サービス(+16.9%)、運輸・郵便(+16.3%)、医療・福祉(+10.2%)、卸売・小売(+9.3%)、教育・学習支援(+8.6%)、製造(+6.2%)

<減少>
情報通信(-19.2%)、建設(-2.4%)

広島労働局は、県内の雇用情勢について『持ち直しの動きが見られる』としています。今後も引き続き変化を注視していきたいと思います。

(参考)過去の求人倍率

2022年7月(1.56倍)
2022年6月(1.52倍)
2022年5月(1.48倍)
2022年4月(1.48倍)
2022年3月(1.46倍)
2022年2月(1.47倍)
2022年1月(1.42倍)
2021年12月(1.37倍)
2021年11月(1.37倍)
2021年10月(1.35倍)
2021年9月(1.38倍)
2021年8月(1.38倍)
2021年7月(1.36倍)
2021年6月(1.36倍)
2021年5月(1.34倍)
2021年4月(1.31倍)
2021年3月(1.25倍)
2021年2月(1.21倍)

この記事を書いた人

コンサルタント 
原田 昌和

バックナンバー

その他

2022.12.02

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年10月、前月比横ばいの1.64倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年10月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年10月の広島県の求人倍率は「1.64倍」 直近4ヶ月連続で上昇を続けていた広島県の有効求人倍率ですが、202

グルメ

2022.11.26

王道から変わり種まで!広島が誇る「お好みソース」6選

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。本日、2022年11月26日、我らが広島の誇る有名企業、オタフクソース株式会社が創業100周年を迎えました。 <参考> オタフクソース100周年 記念サイト https://www.otafuku.co.jp/100th/ オタフクソースといえば、

レジャー

2022.11.13

見事な紅葉に多島美の絶景~野呂山(呉市)で楽しむのんびりキャンプ!

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。会社のメンバーと定期開催しているキャンプですが、今回は広島県呉市の野呂山で楽しんできましたので、その様子を少しご紹介します! 呉と言えば絶対に外せない「呉龍」からスタート! 昨年のこの時期に野呂山キャンプに行った際にもご紹介したのが呉龍の冷麺(参考

その他

2022.11.01

【定点観測】広島県の有効求人倍率-2022年9月、4ヶ月連続上昇の1.64倍

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。毎月定点観測している広島県の有効求人倍率ですが、2022年9月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年9月の広島県の求人倍率は「1.64倍」 直近3ヶ月連続で上昇を続け、先月には2020年4月以来の1.6倍台に乗

転職ノウハウ

2022.10.21

大都市圏から広島へ。U・Iターン転職における「年収ダウン」との向き合い方

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。私は普段、広島県外からのU・Iターンを考える方の転職支援をしているのですが、特に東京など大都市圏にお住まいの方から、『広島だと年収が下がるのが心配だ』という声を多くお寄せ頂きます。 そこで今回は、「実際のところ、どれぐらい下がるのか?」、下がること

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る